存在感示せなかった自民 参院選にも影響・・・連合「首相に軽視されている」不安 ??

 
取敢えず価値観は人それぞれ、これだけは変えられないでしょう。

しかし、裏付けを示さずペテンで押し通す事では、民主党とは格段の差が有ります。

民主党にはかなわないですょ。

物理的に無理を承知で突っ込むのは自殺行為に等しいモノ、とても近寄れませんね。


画像


画像



存在感示せなかった自民 参院選にも影響 (1/2ページ) 2010.6.16 21:03
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100616/stt1006162105011-n1.htm
>
 自民党は16日に閉会した通常国会で、民主党の一方的な国会運営に振り回され、最後まで与党を追いつめるほどの存在感を発揮できなかった。野党の「最大の武器」である内閣不信任決議案も最終日になってようやく提出するありさま。菅内閣の発足により、各種世論調査での民主党との支持率の差は開いており、参院選を目前にして党内には悲観論も出ている。このまま参院選に臨めば、自民党は厳しい評価を受けかねない。(今堀守通)

 「国会対策が万全というのはなかなか望めない。鳩山由紀夫政権を追いつめたので、それなりに役割は果たしたのではないか」

 自民党の谷垣禎一総裁は16日午後、党本部で記者団に対し、「鳩山政権を倒したこと」が自民党としての最大の見せ場だったと強調してみせた。

 しかし菅政権への交代は、民主党内の事情による「コップの中の嵐」(中曽根康弘元首相)にすぎない。自民党は社民党の政権離脱に際し、鳩山内閣不信任決議案や鳩山首相問責決議案の提出を検討したが、退陣のタイミングを「1日半くらい」(谷垣氏)読み誤り、両決議案は提出しないままとなった。


自民・谷垣総裁が参院選へ決意表明 「与党勢力に歯止めかける」2010.6.17 10:41
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100617/stt1006171043003-n1.htm
>
自民党参院選出陣式で決意を語る谷垣禎一総裁=17日、党本部(水内茂幸撮影) 自民党の谷垣禎一総裁は17日午前、党本部で開かれた参院選対策本部の出陣式で「今の民主党をこのまま許していれば、外交も政策も民主主義も、あらゆる意味で日本の基礎を破壊しつくす。与党勢力に必ず歯止めをかけたい」と語り、7月11日投開票の参院選に向けた決意を表明した。

関連ニュース
存在感示せなかった自民 参院選にも影響
獲得目標は50議席 参院選で自民・尾辻氏
揺れる自民 谷垣氏、意気込みと目標に乖離 安倍氏ら参院選後も視野に活動
蓮舫氏を意識? 自民の新ポスターは「いちばん。」
【世論調査】直撃受けた自民とみんな 参院選対策は結局「失策頼り」


連合「首相に軽視されている」不安… 菅政権と微妙な距離感 (1/2ページ)
2010.6.11 23:02
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100611/plc1006112306034-n1.htm
>
菅直人首相(右)を表敬訪問した古賀伸明会長(右) =11日午後、首相官邸(三尾郁恵撮影) 菅直人首相は11日の所信表明演説で、民主党最大の支持団体で参院選で協力態勢をとる連合や労働運動に言及しなかった半面、自身が市民運動を母体とした選挙活動をしてきたことを強調した。鳩山由紀夫前首相が就任翌日の初仕事として連合の高木剛会長(当時)と会ったのに対し、首相が初めて連合の古賀伸明会長と会談したのは就任4日目の11日。首相については、以前から連合と微妙に距離感があることが指摘されており、連合は「首相に軽視されている」(産業別労組幹部)と不安を募らせ始めている。(比護義則)

 「民主党の仲間にも、若くして地盤も資金もない身一つで政治の世界に飛び込んだ人がたくさんいる」

 首相は所信表明でこう述べた上で、「志をもって努力すれば誰でも政治に参加できる。そういう政治を創ろう」と発言した。組織力や資金力を背景に組織内議員を当選させてきた連合頼みの選挙戦に、否定的であるかのようにも聞こえる。

 辞任した小沢一郎幹事長の周辺を排除する“小沢外し”の姿勢が顕著な首相にとって、小沢氏に近い輿石東参院議員会長(日教組出身)、高嶋良充参院幹事長(自治労出身)ら連合傘下の公務員労組系議員は、最もけむたい存在でもある。

 枝野幸男幹事長が就任翌日の8日にまず訪れた団体は、連合ではなく経営者側の団体である日本経団連で、連合との会談は後回しとなった。連合サイドは「古賀氏が出張のため、その時間しかとれなかった」と説明するが、産別労組幹部からは「枝野氏が最初に連合を選ばなかったのは残念だ」との声も漏れた。


小沢氏の幹事長時代、小沢氏と連合幹部の地方行脚は民主党の選挙戦になくてはならないものだった。枝野氏も同様に実施することで合意しているが、連合は「地方の組合員と頻繁に会ってきた小沢氏と同様の親密な関係を枝野氏と築けるとは思えない」(地方労組幹部)と危惧(きぐ)している。

 古賀氏と小沢氏は5月19日に鳥取県を訪問し、連合と民主党の二人三脚の地方遊説がスタートしたばかりだった。枝野氏との行脚日程は決まっていない。

 50人超の組織内議員を民主党に送り込む連合は、首相にとって無視できない存在ではあり、11日の会談で首相と古賀氏は笑顔で握手を交わした。だが、双方が間合いのとり方に悩む日々は当分続きそうだ。
日本の危機・日本人の危機に現実対応で生活妨害との、戦闘の報いとばかりにネット遮断の、突如、資金の元栓を閉じられました。 草莽号の緊急事態に、意識の高い方のお志を募りたいと思います。 振込先は、_愛知銀行. 店番207. 普通. 口座2012014_ 生活/戦闘資金に充てさせて頂きます。宜しくお願い致します。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

南無
2010年06月18日 04:44
>価値観は人それぞれ

でもね..
『打倒!民主党』は共通目標。
草莽愛知
2010年06月18日 08:35
南無さん、

>『打倒!民主党』は共通目標。

の筈だけどね。
とすると、何故、不信任案を提出せず、「鳩ポッポ・小沢」辞任劇をさせてしまったかですね。
我々は勝ち取れるものを価値有りとしますが、大多数は戦う事に、価値有りの人が多過ぎです。なのでヘタレるのだと思います。
谷垣自民党が好例ですね。

この記事へのトラックバック