中国の完全侵略の前哨戦なのは鮮明、日本開放第二期工作要綱の通り沖縄も計画書面の中、政府は公表すべき・

北朝鮮問題に対するトランプ政権が柔軟姿勢に転じて居る事で、其の期を突いてる中國共産党の侵略戦略と言えそうです。

先ずは、人工島の造成自体が国際法上の問題を無視したもの、米国も中国が自ら撤去、完全復元しないなら完全に破壊する用意があるとも表明して久しい事を、中國は無視すべきでは無いと思いますね。

台湾の後も中国共産党は計画書を公表して居り、日本も尖閣を始めとして、100%成功を宣言した中国共産党の、日本開放第二期工作要綱の通り沖縄も、日本本土と同様に国賊売国奴つくりのスパイ工作が済まされて居り、中国の完全侵略の前哨戦なのは鮮明です。ココで下がる米国では無いのが今までの戦歴であり、それ以下の対応は考えにくいトランプ政権が中国の棚上げに応ずるのは、事実上の米国の敗北となる理屈の中、この中国の挑発外交に如何に対応、ソフト戦のみなのか、或いは、ハード攻撃も含めた軍事戦にするのかを、中國からボールを投げられた米国がどの選択をするのかで、国内外も慌ただしい動きと為り得そうな、中國が計画した通りの標的国に侵攻する、大きな局面を迎えた極東情勢になって参りました。

日本国内の国賊売国奴、及び、韓国との繋がりを分断制圧へ、日韓議連・日中議連・日朝議連などや、下部組織と構成システムの在日社会組織、在日学習塾・指導塾、極左勢力の動向を、破壊活動防止法適用と同レベルの監視が重要な状況と思います。https://8503.teacup.com/buster21/bbs/6190

https://video.fc2.com/content/20190514XEGd4vWt



画像

画像

画像

画像

画像















台湾分離なら全犠牲払い戦う=中国国防相が演説-アジア安保会議
時事通信社 2019/06/02 11:42
https://www.msn.com/ja-jp/news/world/
>>
中国国防相、他国が台湾独立図るなら全犠牲払って戦う%ef%bc%9dアジア安保会議/ar-AACfNmb

© 時事通信社 2日、シンガポールで開かれた「アジア安全保障会議」で演説する中国の魏鳳和国務委員兼国防相(AFP時事)

 【シンガポール時事】中国の魏鳳和国務委員兼国防相は2日、シンガポールで開かれた「アジア安全保障会議」で演説し、「他国が台湾の分離を図るのであれば、全ての犠牲を払って戦うという選択肢しかない」と述べ、台湾支援の姿勢を強める米国をけん制した。中国の国防相が同会議に出席するのは約8年ぶり。
 魏氏は演説で、中国の軍事力は「自衛のため」と繰り返し強調。「他国から攻撃を受けない限り、中国から攻撃することはない」と明言し、急速な軍備拡大に対するアジア諸国の懸念払拭(ふっしょく)に努めた。
 南シナ海の人工島については「中国の主権下にある領土」と改めて主張。「自国の領土に自衛目的の軍事施設を建設することは軍事化に当たらない」と述べ、米国をはじめとする各国の批判に反論した。