市民団体 草莽愛知実行委員会

アクセスカウンタ

「朝日新聞を糺す国民会議」 参加登録の呼びかけ・・

zoom RSS 一次証拠無しの活動ネタは、終り無き架空の話のサギ犯罪、日本の民間も組織立った国際的訴えで対応が肝要

<<   作成日時 : 2018/02/10 09:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

安部さんを取り巻く在日派は、主力は、在日議員、或いは、配偶者持ち議員、背後の旧CIA体制の下僕達の模様ですね。。戦後の病理は、占領軍GHQが指導結成させた朝鮮人連盟結成と、原爆投下正当化の為に第二の戦争犯罪、日本による朝鮮人奴隷解放の名の下に第二次大戦を日本の侵略戦争と捏造、国連憲章敵国条項に閉じ込めたまま虚偽虚構を礼賛、史実捏造もサギ商売も美化され続ける病んだ世界システムにあるのは明白、歴然としています。。

911も311も、この点からの事象、追及の先送りは一時凌ぎであって、その後には危機を拡大させる可能性大だと考えます。
トランプさんの力強さを感じさせて居たのはバノン戦略を採用していたからだった様な現況ですね。断絶後は、世界の安定から米国の安定のみの、世界不安定戦略、即ち、旧体制の存続で政権維持を第一にしていると思われます。ただ、この方策がトランプさんの変質なのか、本来の構想を実現させる為の柳腰柔軟作戦なのかは、次の選挙後で判断するしかない実情と思います。

何方にしても、バノン前主席戦略官を追放させた懐柔分断工作のユダヤ戦略により、トランプ政権内部の力関係に、ヒラリー勢力の意向を酌む政策へ変化している状況下にあると思われます。。

米国に日本の強い主張をしない安倍政権と、米国に我儘放題に主張する文政権の実態が、北朝鮮問題のみならず、慰安サギ問題に何ら進展の無い日韓共同宣言で終わったと思います。

先ずは、日本の民間が韓国に対する歴史のサギ捏造犯罪に、一次証拠無しの活動は架空の話、サギ犯罪だと組織立った国際的訴えで、韓国の民間団体のサギ犯罪に対処してないところが、世界の人達に日本に弱みが在るのだと勘違いさせて居るのだろうと思われます。






https://youtu.be/GBBynZlnKO8



https://youtu.be/3BBcmYqUnFg





本性正体を見抜く作業は欠かせませんね。。旦那は、逮捕履歴のある在日元暴力団、当然、テロリズムの在日組織犯罪社会と密接、学生時代の日本人イジメは酷かったと言う悪女ぶりに家族は、米国留学でホトボリが冷めるまで逃がし、日本の政界入りを果たして居る。家族の政界への思い入れと信念が実った様ですね。





https://youtu.be/4TkOH0aDV1g



https://youtu.be/m6_0X1isEGM




画像







野田聖子が「ふしだら」と言われた過去 夫婦別姓を訴え…
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E9%87%8E%E7%94%B0%E8%81%96%E5%AD%90%E3%81%8C%E3%80%8C%E3%81%B5%E3%81%97%E3%81%A0%E3%82%89%E3%80%8D%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E9%81%8E%E5%8E%BB-%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E5%88%A5%E5%A7%93%E3%82%92%E8%A8%B4%E3%81%88%E2%80%A6/ar-BBIxgLw#page=2
>>
「女性の活躍」が必要とされているが、その実態はまだまだ前途多難だ。三原じゅん子議員(自民党 参院議員・2期目)、森ゆうこ議員(自由党 参院議員・3期目)、野田聖子議員(自民党 衆院議員・9期目)、西村智奈美議員(立憲民主党 衆院議員・5期目)、高木美智代議員(公明党 衆院議員・6期目)の5人の女性議員が座談会でその現状を嘆く。

*  *  *

高木:やはり、女性は男社会の中でガツガツ仕事しないと評価されない、という価値観は根強いですね。

西村:男性より1.5倍くらい頑張って、ようやく認められる感覚ですね。

野田:そんなに窮屈に考えなくていいんじゃないかと思うんですけどね。

三原:難しいですよね。結婚したって文句を言われるんですから。子どもを産んでも、多分、何かしら言われるでしょう。

野田:三原さんは言われたね。あれは相手が若いから、焼きもちだよ(笑)。うちの金子恵美さん(前衆院議員)も、公用車で仕事に行くついでに議員会館の保育所に寄っただけで、週刊誌にたたかれた。規則違反ではなかったのに、結局、その後はベビーカーを押して通った。そういう無駄なことをさせるわけです。

三原:結局、女性は大変ですよね。男性と同じようにやっていたら、選挙でも何でも勝つのは大変です。

野田:男性議員も「イクメン」と自称するけど、どこがよ?という人は多い。私たちは親ばかではなく、預けるところがないからやむを得ず職場に子どもを連れてくる。そういう場面を男性議員で見たことがない。

編集部:男性が国会に子どもを連れてくるのは、見たことないんですか?

一同:(怒気を込め)ない!!

西村:声、そろいましたね(笑)。

高木:父親が政治家で、母親が家にいて当然という中で育った2世議員の方も多いので、そうした影響もあるかもしれません。

野田:むしろ今の議員のほうが昔より保守的かもしれない。それも、各政党が。一時、選択的夫婦別姓の導入で自民党が前に進まなかったとき、旧民主党はやる、と言っていましたよね。でも結局、政権をとったのに実現しませんでした。

西村:あれは私もできると思っていたんですが、連立政権の他の政党から強硬な反対があって。連立政権の難しさですかね。

高木:私も実は、楽しみにしていました。

野田:私もです。高木さんと二人で「しょうがないよね」って言って。

高木:議員になって最初のころ、野田大臣が公明党に「ぜひ、夫婦別姓やりたいんです」といらして、そのときのお話で今でも忘れないのが、「自民党でこういう話をすると、灰皿が飛んでくるんです」と。

野田:本当です。夫婦別姓を訴えるなんて「ふしだら」と言われましたから。あくまでも選択制で、強制ではないんですけどね。

西村:今はいろいろなライフキャリアがあり、名前を変えたくない人もいる。私の西村も旧姓の通称です。

野田:ちょっと前まで、たとえば高市早苗大臣(前総務相)が名乗るとき、通称の高市早苗として名乗るときと、本名の山本早苗として名乗るときと、公文書を分けていた。今は制度を変えてそういうことはなくなったんですが、やっぱり変ですよね。

森:私は実は、選択的夫婦別姓に最初は反対でした。兄弟で姓が違った場合などに差別を生むのでは、と懸念していた。でも今は、もっと過激です。選択的夫婦別姓は当然、認めるべきだし、結婚していないと子どもを産めない日本の風土も変えていかないと。

野田:今は中絶をすすめる方もいて、人工中絶の件数は年間約20万件にものぼるとも言われています。この国は何をしているんだ、と。

三原:非常に多いですよね。生まれてくる子どもは、年間100万人ほどしかいないんですからね。

野田:今、男女とも未婚率が急上昇していて、結婚しない人がマジョリティーになりつつある。結婚しないと子どもを産めないなんて言っていたら、日本は消滅しますよね。ニュー森ゆうこ、すごい(笑)。

森:だからちょっと私、過激すぎるんです。

野田:制度はできた当時は良くても、世の中が変わったらどんどん見直すのが国会の仕事ですから。

西村:明治時代につくられた民法だから、本当にいろいろ変えていかないと。

野田聖子(のだ・せいこ)/自民党 衆院議員(9期目)1960年生まれ。岐阜県議を経て、93年の衆院選岐阜1区で初当選。37歳で戦後最年少閣僚として郵政相に。2010年に50歳で長男を出産。17年8月の内閣改造で総務相、女性活躍相として入閣(撮影/写真部・大野洋介)
© dot. 野田聖子(のだ・せいこ)/自民党 衆院議員(9期目)1960年生まれ。岐阜県議を経て、93年の衆院選岐阜1区で初当選。37歳で戦後最年少閣僚として郵政相に。2010年に50歳で長男を出産。17年8月の内閣改造で総務相、女性活躍相として入閣(撮影/写真部・大野洋介)
野田:明治時代の民法をつくったのは江戸時代に生まれた人ですよ。このご時世に、江戸時代の日本人と同じことをさせること自体が国会の不作為です。

西村:私は16年に初めての子どもをもって、昨年2月から国会に復帰したんですが、ワーク・ライフ・バランスは口で言うほど簡単でないと思い知らされました。野田さんは先日、息子さんを連れてフィリピンに出張に行かれたんですよね。

野田:子どもがいるから出張できないのはナンセンスで、帯同しても仕事に差し支えなく、結果が出せればいいと思ったんです。みんなまだ遠慮しているので、私が突破するしかないと。次の人が私を前例にして言い訳してくれればいい。

西村:家族の渡航費や宿泊費は自費で負担すると、事前に発表をされていた。根回しや段取りをよくしていただいたことも含めて、後に続くロールモデルができたと思うんですよね。

野田:その点は気をつけました。最初、総務省は「そんなこと、他の大臣はしません」と。それでも念入りに準備して、事前に告知もした。その点、昨年11月に熊本市議の女性が議場に赤ちゃんを同行して物議を醸した問題では、根回しなしの不意打ちだったことで批判されてしまった面があると思います。

高木:難しいところですよね。熊本市議の方の気持ちもすごくわかるし。

西村:そうですね。私も一瞬、子どもを連れていきたいと思うときもあります。

森:確かに批判もありましたが、政治家の仕事は問題を「見える化する」ということ。子育て世代の女性が政治に参画するときにそういう問題があるんだ、と社会に認識させる意味がある。「じゃあ世界はどうか?」という議論にもなります。

西村:ニュージーランドなどでは、議場で赤ちゃんに授乳するのも当たり前。今回初めて知ったという方もいらっしゃるでしょうね。

三原:ああいうことが大きく取り上げられてしまうこと自体、今の環境が追いついていないということを示していますよね。野田大臣の出張も、マスコミに大きく取り上げられる。日本ももう少し、変わっていかなければいけない。

高木:まったくそのとおりです。でも、なかなかそうした声の盛り上がりが一つに集約されない。現実に西村:明治時代につくられた民法だから、本子育て中の人が国会や地方の議会に赤ちゃんを連れて傍聴に行ける環境は、まだ整っていない。いろいろな声を集めるシステムをもっと整備していかないといけない。

(構成 本誌・小泉耕平)

※週刊朝日  2018年2月9日号より抜粋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
河村発言を支持し、(略称:南京の真実国民運動)
「南京」の真実を究明する国民運動」>発足
★メールでご署名はここをクリック
★署名用紙のダウンロードはここをクリック[.PDF]
人気ブログランキングへ 

・在日らの死神シフト・システムの特殊工作に
白旗撲滅から応戦・・
動画:m0629_文化に根付いた精神病の在日朝鮮人社会も恐怖の人民裁判でコントロールされて居る_草莽愛知、
m0629_文化に根付く精神病の在日朝鮮人社会も恐怖の人民裁判でコントロールされて居る_草莽愛知、
もう一つの危機管理・Buster21_防犯草莽号 ★開始時間指定、

06/26.youtubemも在日・極左の特殊工作の圧力で良識派が潰された模様。やはり、アカウント停止に持ち込まれました。。完全犯罪を狙うチョン組織の特殊破壊工作は以前からの事で、証拠隠滅工作は無力になる様にしてましたから、未遂から確定に至っただけの事で世間に周知して貰ってるレベルです。
・再生リスト_現在。

・チョン工作員にヤラれた防犯草莽号の実行動

全ての犯罪の第一歩と成り得る、在日朝鮮人社会主体の集団ウロツキ徘徊システムは、反日日本人らが手引きする敵国側分子らによるスパイ工作活動でもある。
忍び寄る生活上の危機を知る必要有りです。
対処出来ない地域は、既に反日利得者・セクトカルト・在日らによる、日本侵略システムと世間工作が完了済み!!

・諸悪の根源・パチンコ出玉換金システム三店方式の特殊景品を違法化は、待った無しの現況・・
・もう一つの危機管理_情報管理は人事管理に有り

080-1620-6857
chubusougou21@hotmail.com
一次証拠無しの活動ネタは、終り無き架空の話のサギ犯罪、日本の民間も組織立った国際的訴えで対応が肝要 市民団体 草莽愛知実行委員会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる