国民の痛みを考慮した穏やかな増税案を否定し、拙速極まりない増税に拘るのは、黒子役フリーメーゾンの影が

長かった政治空白も、野田総理の椅子を賭けた消費税増税に心中覚悟の表明で、その攻防により、民主党内・連立の国民新党の党内騒動問題も煮詰まって来た様で、必然だった小沢・輿石ラインも自然なものになりそうです。

元々、消費税増税の必要性を保守側が訴えて居て、民主党政権が反対して居た話を民主党がパクって、無知無能政権をカムフラージュすると共に、政権の延命策の基本にしてしまってる所に、その攻防戦に於いてドジョウを捕まえるの如くの様相でした。

最近は地方主権の文字が新聞紙上でもあまり見掛無くなってますが、時間と共に理想と現実のスリ合わせの中で分かって来る事も多いものと思います。

日本の国として統一する必要があるのは、教育・防衛・外交の三本柱は欠かせません。特に義務教育は全てに影響する分野で有り、必要度は第一としなければなりません。

分権政策も時間と共に煮詰まり、収まるべき姿に収まる様な感じがして来ましたね。


画像

画像

画像

画像

画像


消費増税 小沢系反発に国民嫌気 合同世論調査 民主支持ワースト 2012.3.27 09:15 (1/2ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120327/stt12032709170001-n1.htm
>
消費税増税法案をめぐる党内対立が激化し、参院予算委員会の席上、険しい表情をみせる野田佳彦首相=26日午前、参院第1委員会室 (酒巻俊介撮影)
 産経新聞社とFNNの合同世論調査では内閣支持率が微増しながら民主党の支持率は13・7%と平成21年9月の政権交代以降のワースト記録を塗り替えた。消費税増税関連法案をめぐり小沢一郎元代表らが激しく抵抗する中、民主党の「何も決められない政治」に国民も嫌気が差したに違いない。小沢系が暴れれば暴れるほど内閣支持率が上昇する。過去を振り返ると、こんな構図が浮かび上がる。(坂井広志)

 25日夜、東京・永田町のホテルの日本料理店に姿を現した野田佳彦首相は意気揚々だった。同じく酒豪として知られる藤井裕久党税制調査会長と向かい合い、日本酒に続き、焼酎をビールで割った「バクダン」を次々に飲み干した。

 「消費税増税法案には経済成長率の数値目標は入れませんからね…」

 藤井氏がこう念を押すと首相は大きくうなずいた。昨年末の税制大綱の素案作りも二人三脚で乗り切った。「小沢グループの要求には屈しない」。言葉にしなくとも両氏の腹の内は同じ。内閣支持率が回復傾向に転じたことで首相は確かな手応えを感じたようだ。

 消費税増税への理解が深まったわけでもないのに内閣支持率が回復したのは、小沢系の「反対のための反対」路線を世論が支持していないからだ。小沢系が反発を強めるほど、逆に首相の「不退転の決意」が強調される構図となった。


その証拠に「小沢氏らは社会保障財源や財政再建に向けて説得力のある方策を示していると思うか」との問いに87・2%が「思わない」と回答した。小沢氏による新党への期待も薄い。

 菅直人前首相も「脱小沢」を鮮明にするほど内閣支持率が好転した。平成22年8月、代表選に向け小沢系と敵対すると菅内閣支持率は前月比5・7ポイント増の46・0%に回復。9月に代表選で再選した菅氏が脱小沢色を鮮明にすると支持率は64・2%に上昇した。味をしめた菅氏はその後も小沢氏との敵対路線により延命を図ろうとしたほどだ。

 今回の場合、民主党支持率の下落も野田首相には有利だといえる。消費税増税法案の衆院採決で小沢系が造反し、法案が否決されれば、首相は解散する構えだ。そうなれば「消費税増税の是非」を問う総選挙となり、小沢系は大量落選する公算が大きい。衆院選後は新たな連立の枠組みで消費税増税を実現できる。

 もし小沢系が造反して法案が可決した場合も首相には追い風となる。小沢系を除名にすれば、自民党との大連立など延命の道が開ける可能性もある。

 にもかかわらず、小沢系約30人は26日も「明日が勝負だ!」と気勢を上げた。もう後戻りできないと腹を固めたのか。それとももはや自暴自棄なのか。


消費税議論混迷 「解散」と「小沢氏」めぐり、首相と輿石氏の間で路線対立 2012.3.22 23:32 [消費税]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120322/stt12032223330014-n1.htm
>
 消費税増税関連法案をめぐる民主党内の混迷の舞台裏で、政権中枢を担う2人の路線対立が鮮明になってきた。衆院解散・総選挙も辞さない構えで、消費税増税路線を突き進む野田佳彦首相に対し、輿石東幹事長がブレーキをかける構図だ。それどころか輿石氏は、「倒閣」さえも視野に入れる小沢一郎元代表の取り込みにも躍起となっている。民主党政権は今、重大な岐路に立たされている。(酒井充)

 党内融和の象徴として昨年9月に幹事長に抜擢(ばってき)された輿石氏だが最近、自らの立ち位置を微妙に変化させている。幹事長として支えるべき首相ではなく、首相に反旗を翻す小沢氏へと比重が移ってきているのだ。

 「議論を打ち切ると禍根を残す。徹底的にやった上で年度をまたいだかまたがないかは結果の問題だ」

 輿石氏は今月22日の記者会見で、消費税法案の事前審査の期限を切らずに議論を継続する考えを強調した。

 消費税法案の月内の閣議決定は、「不退転の決意」を示す首相には譲れない一線のはず。それなのに、輿石氏が「月内見送り」を容認する姿勢を示すのは、小沢系議員ら増税反対派への配慮にほかならない。

 すでに別の布石も打っている。輿石氏は21日の記者会見で、政治資金規正法違反罪に問われている小沢氏が1審で無罪判決を受けた場合、ただちに党員資格停止処分解除の手続きに入ると明言。昨年2月に「判決確定まで」と決めた処分を、幹事長自らが“反故(ほご)”にする異例の措置を取ってまで、小沢グループに気を使おうとしている。

 この“後方支援”に気をよくしたのか、小沢氏は今月22日の自らのグループ会合で、首相を猛批判した。

 「与野党協議はじめ消費税にはいくつか前提があったはずだが、増税のみの閣議決定を急いでいる。大変危険で無責任だ」

 勢いを増す小沢系からの攻撃に対する首相の反撃の切り札は解散権だ。首相は解散について、12日の参院予算委員会で「適切な時期に判断する」と述べて、あえて含みを持たせている。

 首相の立ち位置は輿石、小沢両氏よりも、むしろ自民党の谷垣禎一総裁に近い。2月末には極秘会談に動き、岡田克也副総理も自民党幹部と頻繁に接触。この間、輿石氏が野党幹事長と積極的に接触した気配はない。輿石氏が画策する首相と小沢氏の会談も、首相周辺は「両極端の2人が会っても妥協できる余地はない」とつれない。

 重要な政局的な動きは、すでに「輿石氏抜き」で動いている。

 谷垣氏は今月22日の記者会見で「首相が不退転の決意ならば、小沢氏らと決別も辞さずとの態度が必要ではないか」と秋波を送った。

 消費税をめぐり深刻な亀裂が生じた民主党。そんな状況で輿石氏と樽床伸二幹事長代行、城島光力国対委員長らはそろって23~25日に訪中する。首相の融和路線は限界に来ている。


「消費増税法案提出なら連立解消」 国民新党の亀井代表が明言 2012.3.27 17:07
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120327/plc12032717080034-n1.htm
>
 国民新党の亀井静香代表は27日、消費税増税関連法案について、「提出するなら連立解消だと(政府・民主党に)言うだけだ。電話でも済む」と述べ、閣議決定に反対し連立政権を離脱する意向を明言した。

 亀井代表は「ケンカ別れするわけではない」とも述べ、離脱しても消費税増税以外のテーマで民主党との連携を続ける意向を示唆した。都内で産経新聞社などの取材に答えた。

 一方、離脱に反対している同党の下地幹郎幹事長は27日の記者会見で「誠心誠意、亀井氏を説得する」と強調。離脱の是非をめぐる党内論議は紛糾しそうだ。

関連ニュース
【参院予算委】野田首相「みんなで努力を」 消費増税法案で党結束呼び掛け
【参院予算委】民主党の混乱追及 消費増税で自民 
消費増税めぐり意見応酬 参院予算委で公聴会
藤村官房長官も週内の閣議決定断念 消費増税法案
国民新・亀井氏「連立がなくなる」消費増税で政権離脱を示唆


自民が道州制法案骨子を提示 2012.3.27 21:28
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120327/plc12032721290040-n1.htm
>
 自民党の道州制推進本部は27日の総会で、都道府県を廃止し、全国に10程度の道州を設置するなどとした道州制基本法案骨子を提示した。

 骨子には、(1)外交・防衛などを除く国の事務を道州に移譲(2)市区町村を再編し基礎自治体を創設(3)道州・基礎自治体に税源を付与し、財政調整制度を整備-も盛り込んだ。


名古屋市長率いる「河村塾」、4月21日開講 2012.3.27 22:37
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120327/elc12032722380000-n1.htm
>
 河村たかし・名古屋市長率いる政治団体「減税日本」は27日、次期衆院選の候補者養成などを目的とした「河村たかし政治塾」を4月21日に名古屋市で開講すると明らかにした。減税をはじめとした経済政策や安全保障などをテーマに2カ月に1回のペースで年6回程度開く。東京でも5月下旬に開講する予定。

 4月は開講記念として2回開催。21日の第1回は元経済産業省官僚で大阪府市統合本部特別顧問の古賀茂明氏を、28日の第2回は野村総合研究所主席研究員のリチャード・クー氏を講師に招く。

 定員は名古屋が800人で、東京は250人。既に名古屋には約400人が応募しているという。募集人数を超えた場合は書類選考を行う。

 減税日本は、次期衆院選で名古屋市の愛知1~5区で候補者を擁立する方針を掲げている。

「まるで魔法のよう」と釈由美子さんも大絶賛のバカ売れ英語教材[PR]
抜け毛がまた増えた?⇒簡単WEB相談で専門家が無料メール回答[PR]
[PR] お役立ち情報
えっ!わが家、意外と高いかも?
気になる資産価値は・・・≪約60秒≫のカンタン入力!ノムコムの不動産無料査定で概算価格を今すぐチェック!
あなたのお家、今いくら?⇒

野田首相
首相「事実と大きく乖離」 韓国と米の慰安婦碑に懸念
野田首相の声明 核安全保障サミット
【参院予算委】野田首相「みんなで努力を」 消費増税法案で党結束呼び掛…

再掲・・
「尾張国」実現へ定期協議 「日本引っ張る」と河村氏 2012.2.28 22:04
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120228/lcl12022819580004-n1.htm
>
「尾張名古屋共和国」構想実現に向けた会合で、乾杯する名古屋市の河村たかし市長(右)=28日夕、名古屋市中区

 河村たかし名古屋市長と愛知県西部22市町の首長(代理出席2人を含む)は28日夜の会合で、名古屋市と愛知県西部の地域との合併や広域連携で400万人規模の都市を目指す「尾張名古屋共和国」構想具体化に向け、定期的に協議していくことで一致した。

 会合は、構想を打ち出した河村氏が呼び掛け、名古屋市内の居酒屋で開催。河村氏は終了後、記者団に「商売をするには名古屋だけでは狭い。連携すれば力強さが出て、日本を引っ張れる」と意義を強調した。

 一方、田中志典犬山市長は記者団に、連携への賛意を示したが「合併する必要はない」と述べ、構想は自治体の存続が前提との認識を示した。

 会合で河村氏は「尾張地域は昔からものづくりが盛んで、江戸時代から日本を支えてきた」などとあいさつ、連携を呼び掛けた。

関連ニュース
【主張】河村氏の南京発言 これで問題視されるとは
河村発言批判の書き込みか 「虐殺認めて」市施設HP
【河村市長南京発言】大村愛知県知事「発言修正した方がいい」
「南京事件なかった」と河村名古屋市長 中国共産党の市常務委員に「互いに言うべ…
【激動!橋下維新】橋下市長が河村名古屋市長に“苦言” ツイッターで減税批判

この記事へのコメント

問題解決
2012年03月28日 16:35
△今日はレディー蛾々ちゃんの誕生日。成り済ましに電磁パルス照射でマッソン團
南無
2012年03月28日 18:40




問題解決さん、

今日もお仕事ご苦労様です。
失礼ながら貴殿のルーツをも知りたく、
未だ「問題解決」に至っておりません。

愚生のDNAは縄文人として特徴あり。
初代より日本国に生活営む身になれば、
不逞害人との対峙は大和民族の使命なり。





南無様
2012年03月28日 19:11
南無様 奈良より諸事情で多賀城に移転、同地で出火、逮捕後伊勢送り、後醍醐天皇に呼応し挙兵、南朝崩壊後は現住所に土着、以後、戦国期~江戸迄、従来からの由緒によりヌクヌクとです。

この記事へのトラックバック