千葉県習志野母親殺人の事実

これら密入国者朝鮮人主体のギャングストーキングによる犯罪システムが、日本人家庭を餌食にし崩壊させる意図の社会侵略で、日本列島全体に拡張し続けられて居ます。

GHQによる占領政策の下、愛国心を持つのは悪い事と、日教組教育で日本文化も日本人の頭も破壊され続けて60年、日本は社会から壊され在日特権・通名制度・特別永住資格などなど、密入国者の天国の国となってしまってます。

日常的なウロツキ・デマゴーグ・プライバシーの侵害が組織的に展開され続け、日本人社会はこれらのギャング組織の監視下に有る様なものです。

そんな中で、集スト被害者の全般に及ぶ家族崩壊で、事件発生が時間の問題と思われていた心配事は現実のものとなってしまいました。

本日の道路使用許可更新に出かけた時に、警察署の駐車場で待ち受けていたチョンカルトストーカーパチリして来ました。防犯パトロールを警備会社がスピーカーを着けてる車両2台で待伏せていましたが、これらの者は、当然、、ココの場所だけに限ったもので無い事は明白であります。


画像

画像

画像


千葉県習志野母親殺人の事実
http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-334.html K/F氏のブログ、
>
2月5日、千葉県習志野市で発生した母親殺害事件の容疑者は集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者である。
筆者はこの福島俊明容疑者(と呼ばせて頂く)とはMIXI(SNS)仲間でも有り、一年程前に、数度、数人を交えたSkypeによる会話を交わした事もある。そして、今回報道された凄惨な事件を知り、愕然とした。
彼は途中から発言に強固な所が出て来たとも言われていたが、それ以前に話した限りは穏やかな人柄であり、とても伝えられる様な残虐な行為に及ぶとは、未だに信じ難い状況である。
全国紙を含む大手メディアからの報道内容には実態が伝えられない事は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪による被害、その犯罪が絡む犯罪の常であるが、彼は厳然たる事実として、組織的な犯罪のターゲット被害者そのものである。
その犯罪被害の実態を晒し、解明する事無しに、断片的で、一方的な報道による実態の隠蔽が繰り返されれば、社会の闇は存在し続け、今回の様な犠牲者を次から次へと求める負の連鎖は断ち切れない。

事件は以下の様に伝えられている。

■ 母親をなたで切りつけ殺害 50歳無職男を逮捕 千葉・習志野 [産経ニュース 2011年2月5日17:21]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[記事引用]

 自宅で母親をなたで切りつけ殺害したとして、千葉県警習志野署は5日、殺人の疑いで、同県習志野市袖ケ浦、無職、福島俊明容疑者(50)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午後0時40分ごろ、居間で一緒に食事をしていた母親の仲さん(79)の右側頭部をなた(刃渡り18センチ)で切りつけ殺害したとしている。
 習志野署によると、福島容疑者は容疑を認めているが、動機については意味不明な供述をしている。
 福島容疑者は仲さん、妹(48)の3人暮らし。事件直後、別室にいた妹に「母をやってしまった。110番してくれ」と依頼した。通報で署員が駆け付け、逮捕した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[引用終了]

また、これに先立つ17:10の報道では以下のように伝えられている。

■ 引きこもりの男、母親殺害 千葉 [産経ニュース2011年2月5日 17:10]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[記事引用]

 ナタで母親を殴りつけて殺害したとして、県警習志野署は5日、殺人の現行犯で、千葉県習志野市袖ケ浦、無職、福島俊明容疑者(50)を逮捕した。調べに対し、福島容疑者は「食事中に『仕事をするように』、『金を稼ぐように』といわれてカッとなった」と容疑を認めている。
・・・・・・・・・・[略]
 同署によると福島容疑者は、十数年前から自宅に引きこもっていたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[引用終了]

彼は食事中に、引きこもり状態、無職の状態への母親から叱責を受け、殺害に及び、自ら家族に警察を呼ばせている。
先のニュースでは「容疑を認めているが、動機については意味不明な供述をしている。」との言及がある。この「意味不明な供述」という状況が犯罪の核心部分でもあるが、詳細は伝えられていない。
筆者のSkypeでの本人との話しの印象やテクノロジー系犯罪被害の分析のHP内容からは、とても意味不明な事を述べる様な姿は全く思い浮かばない。当然、調査の現場でも集団ストーカーやテクノロジー犯罪への事が発言されているものと推察される。
彼のHP、リンク先の記述内容をご覧頂きたいが、文面と説明内容からは非常に明晰に犯罪被害の実態、分析・研究と解明への意志が伝わり、何ら心的な異常性を示す要素はない。その他、本人による掲示板等への書き込みにも犯罪被害の状況が明確に示されている。彼のHPと書き記した内容は以下のHPで閲覧可能である。

■ HP「ハイテク犯罪に関する調査と研究」

■ HP「加害者への公開質問状 Contents」のC県F氏の記述部分

この悲惨な結果を招いた行動がテクノロジー系の直接の被害による思考、生体への影響によるものか否かは推測の域を出ないが、日頃被害を受け続ける筆者を含む被害者にはこの様な、加害やストレスの持つ悪影響は十分理解が可能である。
先稿で紹介した様に思考、人体情報は読み取りが可能であり、逆に書き込みも可能と考える事は既に、想像の産物とは言い難いのである。
多くの集団ストーカー被害者の常である生活の場、社会的な機会、特に就業の場からの締め出しは非常に深刻な生活状況をターゲット被害者に与え、本人の意思によらずとも引きこもり状況を強いられるのである。
あらゆる手法による個人の社会での健全な生活を脅かし、邪魔をする力が働いている現実を容認、黙認している状況は、正に、生き地獄を現出させているのである。
そして、この個人への徹底的な閉塞状況、孤立環境の作りこみは、社会の至る所で生じている筈である。
しかしながら、現在この犯罪は着実に社会に表面化しつつあるが、同時並行の深刻な雇用、経済状態、社会問題としても摩り替えられつつある。テクノロジー犯罪や集団ストーカー問題の発覚は非常に大きな問題であり、その状況を隠蔽する事により、利を得る存在が確実に存在する警鐘を与えている情況、黙殺は社会が自滅を進める道を推し進める。一人でも多くの国民がこのニュースの背後に注目し、異常な犯罪への認識をする事が急務である。明白な事実を我々は日々体現し、現状を知るだけに、焦燥感を募らせるものである。

自殺、暴力、病院投函、精神疾患者の作りこみ、就労困難、社会的不適合等々、ターゲット個人のひきこもりへの誘導と偽装により、あらゆる社会不安、不安定要素を与えるのはこの様な明確な犯罪、社会問題解決の先送り、隠蔽である。社会悪を増長し続ける構図を許す限り、国の体質は人々の望む方向から遠ざかり、常に不幸、犯罪、悪事の種をばら撒くが如く、振舞う加害側の根深さが蔓延し、病理は一般人も広く巻き込む。

今回の事案調査でも、事実を知り得る警察は報道に情報を供する事はなく、仮に供せられても報道の上にはその事実は上がる事はないだろう。
この記事は公式の場では締め出されるその事実を社会に晒し、知らしめる事でせめてもの情報の断片を残して置きたいとの切なる願いから書き記している。

因みに、一昨日(2月11日)、web上に存在した日テレのソース映像再生中に再生不能状態となった。添付の映像はYouTubeからダウンロードしたTBSのニュース報道のものである。このデータを保存完了直後、YouTubeでの再度の再生時には映像管理者による消去を示す内容が表示され、再生不能となった。
ANN、NNN、FNNの映像としては既にweb上には存在しない。この様な映像の削除の状況は秋葉原事件等、相次ぐ他の多くの不自然なニュースでの映像資料と同様の扱いである。

凄惨な状況で犠牲となられた母親、仲様には心よりの追悼の意を表したい。

千葉 無職の50歳男、なたで母親を殺害

【連絡】
「茨城県被害者の会」が2月20日(日)に小街宣を予定しています。詳細はブログ「サニナのブログ」の「小街宣をします」を参照下さい。

【主な関連記事】
■ 取手事件 創価、洗脳の揺籃
■ 嫌がらせ三昧の創価学会員
■ マツダ連続殺傷事件に創価学会の影
■ システム化された犯罪の隠蔽
■ 集団ストーカー被害と社会・政治
■ 清水由貴子さん 死の重いメッセージ


<太平洋の奇跡>初登場で首位を獲得 「あしたのジョー」は3位に  まんたんウェブ 2月15日(火)19時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110215-00000020-mantan-ent
>
 14日発表された12、13日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、11日に公開された竹野内豊さん主演の「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」が初登場首位に輝いた。先週首位の「GANTZ(ガンツ)」は2位に後退し、11日に公開された人気マンガ原作の「あしたのジョー」は3位だった。

 「太平洋の奇跡」は、ドン・ジョーンズさんの実録小説「タッポーチョ『敵ながら天晴』大場隊の勇戦512日」が原作。太平洋戦争のサイパン島の戦いを日米双方の視点から描き、たった47人の兵力で4万5000人の米軍を翻弄(ほんろう)した大場栄大尉の実話を映画化。全国300スクリーンで公開され、土日2日間で約21万6000人を動員、興行収入約2億6000万円を記録している。

 「あしたのジョー」は、累計2500万部を発行しているちばてつやさんのボクシングマンガを山下智久さん主演で映画化。山下さん演じるジョーのライバル、力石徹を伊勢谷友介さんが演じ、体脂肪率4%前後まで体を絞り込んだ2人の姿も話題を集めた。全国277スクリーンで公開され、土日2日間で15万7000人を動員、興行収入は約1億9000万円だった。

 その他の新作では、人気ホラー映画の米国版続編「パラノーマル・アクティビティ2」が7位にランクイン。全国169スクリーンで公開され、土日2日間で観客動員約5万7000人、興行収入約7400万円を記録している。(毎日新聞デジタル)


注目映画紹介 :「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 大場大尉の情に厚い人柄が浮かび上がる 2011年02月10日
http://mantan-web.jp/2011/02/10/20110210dog00m200011000c.html?inb=yt
>
 第ニ次世界大戦末期におけるサイパン島での日米の戦いを、双方の視点から描いた映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」が11日、公開される。日本側は「愛を乞うひと」(98年)や「必死剣鳥刺し」(10年)の平山秀幸監督。米国側は「サイドウェイズ」(09年)のチェリン・グラック監督。竹野内豊さんと、米人気テレビシリーズ「24」「ER」などに出演したショーン・マクゴーウァンさんが、日米兵それぞれのキーマンを演じる。

 ドン・ジョーンズさんの実録小説「タッポーチョ『敵ながら天晴』大場隊の勇戦512日」が原作。太平洋戦争末期の1944年夏。サイパン島に米国軍が上陸し、その圧倒的戦力で日本軍は玉砕した。だが、生き残った47人の日本兵を率いて、島に取り残された民間人を守りながら、少ない兵力と武器で4万5000人の米軍に立ち向かい、翻弄(ほんろう)し続けたという大場栄大尉の実話を基にしたストーリーだ。

 大場大尉を演じるのが竹野内さん。大場大尉はもともと地理を教える教師だったそうだが、そんな普通の人間が、戦争でいきなり大尉を任され、また民間人の生死を左右する重責を担うことになる。映画を見る限り、竹野内さんが演じる大場大尉は、決してカリスマ性があるようには見えない。しかし、誠実そうな竹野内さんが演じることで、むしろ情に厚い人間像が浮かび上がってくる。だからこそ、「ただ無心に戦っただけ」という彼のせりふが深い余韻を残す。人物をじっくりと描くことが得意な平山監督ならではの映画だ。

 ほかに唐沢寿明さん、井上真央さん、山田孝之さん、阿部サダヲさんら豪華なキャストが物語を彩る。11日からTOHOシネマズ有楽座(東京都千代田区)ほか全国で公開。(りんたいこ/毎日新聞デジタル)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

問題解決
2011年02月16日 21:34
この件は特に悲惨。一昔前なら本当にサブカル方面の電波ネタや統合失調症扱いされた。連中の挑発に乗って人生を棒に振った方々は多数居るハズ。集ストの末端は問い詰めると「証拠が無い」とうそぶきますしね。しかし伝言ゲーム連中の末路はオサムい自爆放火ブルーギル朝鮮右翼が示す様に時期壊滅する。
草莽愛知実行委員会
2011年02月17日 08:15
問題解決さん、

>集ストの末端は問い詰めると「証拠が無い」とうそぶきますしね

密入国者で粗占められてる朝鮮暴力団で形成されてる在日社会・朝鮮カルトなど、日本侵略を実行中の反日勢力は、自治会町内会・防犯協会パトロール隊なども手にし、又、統合失調症扱いの犯行も工作員医師らの手で意図も簡単に実行され、左翼で支配する保健所・役所・警察・検察・裁判所などのヤミ構造も、日本列島全体を覆ってしまってるのが最近は露呈されて来てますね。
そのヤミ構造に保守活動隊らも組み込まれて居る実態をも認識させて行く必要が有ります。
kingfisher
2011年02月17日 18:26
草莽愛知実行委員会様

事件をご紹介頂きまして大変感謝しております。
実際、暫く前までは有り得ない、被害妄想や精神疾患だと言われていた事実が、徐々に犯罪被害である事が理解され始めています。

今回の様な問題の真実が認められ出すと、事実の摩り替え工作が横行する様になりますが、さすがに多くの国想う有志による状況の直視により、恣意的な犯行の実態を誘発する犯罪システムとして、省みられる様になり、亡国の為のプログラムである事が急激に認識されるに至りました。

知らないでは済まされない事実を国民に知らせる事が、この凄惨な事件により、益々重要である事が理解されると思います。

被害者では無く、非被害者と考える一般国民こそ、他人事ではない現実です。
草莽愛知実行委員会
2011年02月17日 20:09
kingfisherさん、

この犯罪システムは自然的に構築されたものではなく、沢山のスパイと工作員らが本国の意向により作り上げて来たもので有ります。

集団ストーキングとは、即ち、日本ソフト侵略を目指してるものです。

この記事へのトラックバック