日本人の主権を脅かす生活妨害・営業妨害が頻発し、人格攻撃・人間破壊なども以前の左翼組織の蛮行と同様な


狩猟民族に内在する邪悪な意識の為せる業か、日本の文化精神では考え付かない事が日常社会上にも発生して居り、次第にその傾向は強まって来て居りました。体験者にしか語り得ない事が頻発して居ます。

邪悪意志を押し通す為には、弾圧とテロ暴力が必須なのは明らかですが、法治国家に於いてその手段には、騙し・ペテンが加味されるのも必然的な事でもあります。

集団ストーキングと言う言葉が使われ始めたのは最近の事で、世間一般には殆ど理解されて居ませんでしたが、邪教集団・在日朝鮮人等の反日勢力の不法行為に対する無頓着さもあり、日本列島の到る所で日本人の主権を脅かす生活妨害・営業妨害が頻発し、人格攻撃・人間破壊なども以前の左翼組織の蛮行と同様な事が実行されて居ます。

ココに来て、被害者・体験者の中から、元気で冷静な判断に基づいて居る確たる活動家が俄に注目されつつ有る状況になって居りますので、今後、関わりある方達を紹介して行きたいと考えて居ます。

ただ、本来は公権力の世界が積極的に対処し、我々はその協力者であるべき事が望ましい話である事は言うまでは有りません。

他人に危害を加える危険性なども無いのに強制拉致し、その家族を巻き込んでその家族を意のままにコントロールしながら、事実上、財産もそれらの管理下になら計画的犯罪に遭遇中であり、かつ、御当人が危機的状況に有り、闘いと訴えをネットの力も使いながら奮闘して居ります。

被害者・体験者・日本人の主権を護りたい方、等々、支援・応援を宜しくお願い致します。



画像


画像

画像



この人権侵害被害についての情報提供、内部告発のお願い
http://52714214.at.webry.info/
電磁波を使った人権侵害被害についてのブログ
>
ブログ紹介
僕は、テレビ局などあちこちの業界から、電磁波を使って思考情報を読み取られており、
また、僕の情報をやり取り等されているようです。
また、2003年6月ごろまで(赤、という色であらわしているようです)、
電磁波を使って思考情報を読み取られ、そのプライバシー情報である思考情報を不特定多数の方達(テレビやラジオなどのマスメディアの方達、
マスコミの方達、政治家の方達、有名人の方達等や、多数の一般人の方達)の脳内に配信され続けてしまったようです。


■この人権侵害被害についての情報提供、内部告発のお願い■

テレビ局などあちこちの業界から、電磁波を使って思考情報を読み取られており、僕の情報をやり取り等されている件について、また、2003年6月ごろまで、電磁波を使って思考情報を読み取られ、そのプライバシー情報である思考情報を配信され続けていた人権侵害被害について、とにかくどんなことでもいいので以下の僕のメールアドレスまで、ご連絡よろしくお願い申し上げます。

僕のメールアドレス: tein_ex@muf.biglobe.ne.jp
ホームページは、次のアドレスになっております。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tein_ex/


集団ストーカー現象について考える
カルト、特亜国在日、同和による人口侵略に蹂躙される日本の弱体化のプログラム、犯罪システム/ビジネスが存在する。その認知の為に立上げたブログである。公然と行われる人権侵害、法治国家の根幹に関わる問題であり、放置する事は日本国の解体につながる。

音声・思考送信による危機的状態を訴える被害者の存在
http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-289.html

社会が狭くなったとは多くの人が感じられる事だと思います。
ビジネスの世界では当然の事ですが、個人の生活や行動が地域社会だけでなく、日本全国、世界全体と直接関連性を持つ時代となりました。その社会の犯罪組織の活動が、直接個人に関与する状態となりました。

そして犯罪被害者、特に集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の様な、一般に特殊と考えられている犯罪被害の場合には、全国ネットと地域での相互支援の必要性が高まりつつ有ります。

前稿の9月2日のコメントに「k」という名前の被害者の方が、身に迫る「強制収容」の犯罪被害の恐れを訴えています(詳細は追記部参照)。この方は実名を木村さんといい、茨城県在住の集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の方で、「電磁波を使った人権侵害被害についてのブログ」の管理人の方です。
この方は、20年前から、被害を受けており、過去2回程、自らの意志に反して精神科に強制入院させられています。
これは思考送信と呼ばれる技術により、人間の思考・行動を制御しする技術とされ、上記のように強制入院に誘導する為にmターゲット被害者の言動を制御する事が考えられます。同様に、音声送信も存在し、これは音声変調等の技術により、音声をターゲット被害者に送信する事を差します。テクノロジー犯罪被害者の方で、同様の被害を訴えて居られる方は多く存在します。
木村さんは本人の強制入院のみならず、ご両親への同様の手口の引用にも及ぶという加害側のメッセージが送信されていると訴えています。

その急を要する被害についての救済を求めるSOSを、MIXIで、名古屋の活動家である被害者の方から知らされ、本人と直接、メールと電話で連絡を取りました(メール内容は追記部参照)。

そして、常時ネット上で会話が可能な様に、インターネット電話のソフトウェアをPCで導入して頂き、連絡を取り、ご両親にも被害情報の共有と説明をさせて頂きました。

木村さんは音声送信や思考の書き込みにより、加害者組織の直接の語り掛け、犯罪行為を仄めかし、脅迫を受けています。
この加害者の言葉、音声や思考の送信は一種の仄めかし行為ですが、その内容を信用できるか否かは不明ですが、過去の強制入院や薬剤による甚大な被害の予告と実害が過去にも存在していますので、その脅迫の内容、特に強制入院の脅迫部分を否定する訳にはいきません。
今回の木村さんの場合は睡眠が一つの要点で、睡眠中の強制的な、意志に反する行動、強制入院を誘発する、例えば人前で倒れる等の行動を如何に抑制、防止するかを考える必要が有ります。

基本的には、異常で突飛と見える犯罪にもカラクリや精妙な工作が存在し、その技術的な問題や方法への議論はあるにしても、本人に仄めかされる強制入院の緊急事態の回避後が最重要課題です。
筆者自身は、過去には数回の例外的な場合を除き、音声被害や思考の送信の甚大な被害は受けているという意識は有りませんので、状況を十分に理解する事は困難が伴います。
しかし、被害者仲間には、何人かこの様な事実を語る方が居ますので、現実的に存在する犯罪手法と考えています。
この被害に遭遇すると、有形無形の様々な犯罪行為を受けますが、その実態を他者に話せば、社会に知られていない犯罪状況である為に、最悪の場合、強制入院の処置を取られる事は多くの被害者の方が証言しています。そして、一度でも精神科の門を潜り、統合失調症の烙印を押されれば、発言の信憑性を疑われ、投薬、薬漬けにされ、状況は更に悪化し、一生を医療保険支給対象者、国税を食い潰す要員とされ、更に病院、医師の利益につながる現状も存在します。

更に厄介な事に、警察や行政機関への相談、助力が期待できず、逆にその被害を訴える者の強制収用を促す事にもなり兼ねません。
また、ご両親への音声や思考の送信、コントロールが可能となれば、周囲に頼れる者が存在しない状況となり、救いの道は非常に限られる事は想像に難く有りません。
如何ともし難い事実ですが、ここは実態を知る者、被害者の支援が最善の対応となります。

茨城県の被害者ネットワークで、「サニナのブログ」のサニナさんとは、数日前に、連絡を取り支援を頂く方向で動いて頂きました。記事は「被害者仲間の危機」をご覧下さい。サニナさんとは昨日もkさん本人を交えたネット会議で、対応策を検討しました。

「みちのあしあと」の記事、「被害者仲間のピンチ」、その他の方々もこの被害者の方との連絡を取って頂いている様で記事を掲載されています。

この様に被害者が孤立せずに、互助的な連携を持つことにより、①支援を得る、②犯罪を周知させる、③被害者ネットワークが成立し、その存在を知らしめ、③結果的に犯罪の抑止・軽減につながると考えています。また、ご両親や知人にも犯罪被害の周知を複数の被害者の口から説明する事で、犯罪の抑止と対応を得る事も期待できます。

木村さんのような深刻な被害の場合、要員の加害参加・加担により公的機関に頼れない、もしくは犯罪周知の遅れにより、依頼できない状況が厳然として存在します。従って、被害者相互の支援による対策が頼みです。しかし、自ずとそれらには限界が存在します。被害者個人も被害のハンディを背負っており、その限界点は高いとはいえない現実が有ります。
是非、多くの被害者の方にも協調可能な被害者ネットワークへの参加と支援体制の構築に協力を願いたいと思います。
そして、被害者だけでなく、より多くの人に理解と協力を求める道が、支援対応、犯罪撲滅への最短コースであり、必須と考えます。

呵責無き、異常な身体や精神攻撃のテクノロジー系被害の深刻な状況に接する度に、この犯罪の闇の底知れずの深遠を認識させられます。

一刻も早く、救済の求めに応じる事のできる公的な対応システムの確立が必要です。

【主な関連記事】
■ 世に蔓延るカルトの魔手
■ 集団ストーカー被害と社会・政治
■ システム化された犯罪の隠蔽
■ 清水由貴子さんのテクノロジー系被害
■ 日本テレビ、真性集団ストーカー被害者報道か
■ 創価の集団ストーカー犯罪に関しての質問から
■ 被害映像集


神奈川県警訪問の日程を15日前後のお昼頃、関内駅に集合にします
http://michifujisawa.blog46.fc2.com/blog-entry-357.html
みちのあしあと
>
みなさんお疲れ様です!
神奈川県警訪問の日程を15日前後のお昼頃、関内駅に集合にします。近隣被害者で同行可能な方はコメントかメールを下さい。日程の調整は可能です。
多くの参加者が集まることを望んでいます。

被害者の方を誘うとよくこう言います。「警察に言っても被害届けが出せない」、「警察が言うことはこうこうでいつも同じ」。だから自分は参加しない。しかし紙の上で議論していても何の解決にもなりません。

警察の対応を批判しても被害が止むわけではありません。
それなら他に何か有効な方法や手段があるのでしょうか?被害の声があちこちで挙がれば警察も目を潰れなくなってきます。
前代未聞の被害に理屈など必要ありません。前例がないことなのですから。

一人でも多くの参加をよろしくお願いします。
神奈川県外でも相談室への付き添いはできますので、賛同者の方は参加をおねがいします!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

kingfisher
2010年09月08日 12:35
市民団体 草莽愛知実行委員会 様

小ブログ記事のご紹介とトラックバックありがとうございます。

現在、ご紹介頂いた様な非常に深刻で甚大な犯罪行為が、社会に知られずして、横行しています。
それはネット上では集団ストーカー・テクノロジー犯罪として周知の度が進行しているカルト、反日勢力連合による反社会的行為です。

その業は従来の犯罪に類を見ない、組織的で悪辣なもので、特定個人を特定・不特定多数により24時間、365日付き纏い、監視・干渉、嫌がらせを、時には非常に高度で実用的な状況にも拘わらず、社会に知られる事のない技術を用い、周到に、執拗にターゲット被害者に繰り返します。

マスゴミはご存知の通り、これら日本を食い潰す勢力の力により、正しい報道の力を削がれ、行政当局にもその分子の配下の連携により、この反社会的な行為に対しての対応を怠るに至っています。

しかしながら、昨今の被害者の訴え、護国活動やネット市民の良識により、徐々にこの悪辣な所業が衆目に晒されつつ有ります。
世に数多存在する不条理な犯罪の数々が反日勢力によると謂う事実は、本ブログ読者諸氏には周知の所と思いますが、その矛先、象徴が我々の受けている犯罪被害です。
謂わば、人口侵略の象徴的な戦略、戦術の一つがこの犯罪です。

従って、創価学会、反日勢力の実害を明確に告発する事は社会の浄化につながります。
是非、この犯罪の実態のご認識と社会への周知をお願いしたいと思います。

宜しくお願いします。
草莽愛知実行委員会
2010年09月08日 13:57
kingfisherさん、

お疲れ様です。

貴殿の出現がこの闘いに大きな変化となった事は明らかであります。

女性の方達にも体験と冷静な判断の上での、身を掛けた果敢な行動には奇跡的なモノを感じて居ります。

敵方のボケチョンどもは、何だか申し子を達を作ってしまったかの様ですね。。
こちらも人が集まれば、連携行動をしたいと思って居ます。

この記事へのトラックバック