創価学会公明党は総体革命で日本支配を目指す反日思想です。当然、保守第一党自民党が連立した事自体が間違

要するに創価学会公明党のサポートで改選議席第一党となってる現状を把握しないまま、次の選挙へ向かえば国民は自民党へは投票しないと言う事を自覚するべきです。

真の政治家を外へ追いやってしまった人達に何が出来るのかが問われている状況は、民主党と良く似てます。

取敢えず国民は確たる政治家と政党を求めて居ます。
従って第三極新党に期待が強く集まるのは自然な事であり、政界再編を果たし安定的な日本の政治を日本人は待って居ます。


画像


画像


参院自民様変わり「重し」取れて人事は視界不良に (1/2ページ) 2010.7.26 00:50
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100726/stt1007260052000-n1.htm
>
 参院自民党が様変わりしそうだ。引退した青木幹雄前参院議員会長に代わる「重し」がいないため、中堅・若手の動きが活発化、参院議員会長などの新人事で年功序列が崩れてきた。26日の参院議員総会は「シャンシャン」とはいかない気配だ。

 「いろいろ参院人事の話が出ているが『白紙』だ。惑わされないように」

 谷川秀善参院幹事長(76)は22日、参院町村派会合でこう述べ、所属議員らに冷静な対応を求めた。だが、人事の混乱の火元は、当の谷川氏だ。

 鈴木政二国対委員長(62)=町村派=らが、尾辻秀久議員会長(69)=額賀派=の後任に林芳正元防衛相(49)=古賀派、鈴木氏を幹事長にする人事を描いたところ名前のなかった谷川氏が反発。慌てた鈴木氏らが「谷川参院副議長」で調整しようとしたら、今度は森喜朗元首相らが「なぜ議長ポストを狙わないんだ」と攻撃したためだ。

 鈴木氏は20日、野党7党に野党共闘での参院議長ポスト獲得を呼びかけたが、他党から「自民党が考えをまとめて」(山口那津男公明党代表)と指摘された。

 中堅・若手は「林会長、鈴木幹事長」を「世代交代にみせかけた長老支配」と批判。現参院執行部は、臨時国会前に行うべき議員会長選を、臨時国会後の8月11日に先送りした。


参院自民党人事では、青木氏の意向が絶大だった。議員会長選は無投票。平成16年の参院議長人事で中曽根弘文前外相(64)=伊吹派=の声があった際も、中曽根氏と同期の青木氏が扇千景元国土交通相を推してつぶした。

 若手の反乱にベテランも黙っていない。執行部の一人は「若返りとか言っているのがいるが、おれの方が頭は若い。町村、額賀、古賀の3派が組めば人事は決まる」と語っており、混乱は続きそうだ。(水内茂幸、峯匡孝)


 参院自民党人事では、青木氏の意向が絶大だった。議員会長選は無投票。平成16年の参院議長人事で中曽根弘文前外相(64)=伊吹派=の声があった際も、中曽根氏と同期の青木氏が扇千景元国土交通相を推してつぶした。

 若手の反乱にベテランも黙っていない。執行部の一人は「若返りとか言っているのがいるが、おれの方が頭は若い。町村、額賀、古賀の3派が組めば人事は決まる」と語っており、混乱は続きそうだ。(水内茂幸、峯匡孝)


「若手の積極登用を」 比例獲得議席過去最低に自民・小野寺氏 2010.7.20 16:23
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/100720/elc1007201624000-n1.htm
>
 自民党宮城県連会長の小野寺五典衆院議員は20日、参院選比例代表で党の獲得議席が過去最低だったことについて「(原因は)党のイメージだ。刷新、若返りがなければ、来春の統一地方選や次期衆院選で信任いただけるか分からない」と指摘し、執行部に若手を積極的に登用すべきだとの考えを示した。仙台市で記者団に述べた。

 参院選で自民党が改選第1党となったことでは「地方の党員が頑張った結果。地方のおかげだ」と強調した。
日本の危機・日本人の危機に現実対応で生活妨害との、戦闘の報いとばかりにネット遮断の、突如、資金の元栓を閉じられました。 草莽号の緊急事態に、意識の高い方のお志を募りたいと思います。 振込先は、_愛知銀行. 店番207. 普通. 口座2012014_ 生活/戦闘資金に充てさせて頂きます。宜しくお願い致します。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

遠州孤狼
2010年07月26日 15:16
民主が滅ぶのは自明だが、残念ながら、自民も早晩、同じ運命を辿るだろう。何と言っても、自主憲法制定を掲げながら、戦後何十年も、アメリカの一州に日本を留め置いたのだ。ただ、自民の政治家が一義的に悪い訳はない。選び続けた国民が悪いのだ。それは現在も全く同様に言える。
ところで、今後、国民の覚醒は進むことはあっても、後退することはあるまい。何故なら、旧来のテレビ・新聞などのマスゴミが、益々、影響力を失い、お馬鹿さん達(愚民)がネットの正論に接する機会が増えると予想出来るからだ。そうなれば、真正保守、護国勢力の政党が伸びるしかなく、長期的視野では、日本は原点回帰出来るだろう。問題は、それまでに、反日・毀日勢力の攻撃(外国人参政権、重国籍法、人権擁護法などの成立、中国人の移民拡大)を如何に防ぐかにある、と言えよう。
草莽愛知
2010年07月26日 18:09
遠州孤狼さん、

有難う御座います。

全く仰せの通りです。

カルト票頼みの自民党は既にドロ船状態です。
確たる国家意識と歴史認識を持った第三極新党で、ドロ船自民党からの非難議員の受け皿づくりを急がねばなりませんね。
各地で講演会をこなしながらメンバー拡大に努力が必要と思います。

この記事へのトラックバック