昨日の6日は、安城市・知立市で大村秀章議員のパチンコ族を糾弾して参りました。。

<10時過ぎに先ず安城へ向けて出発し、市内一巡後二人とも腹ごしらえに意見一致、その後、大村事務所には挨拶無しで街宣開始、パチンコマネー・トヨタ自動車の使い捨て労働者容認・人口侵略を兼ね備えてる移民大量受け入れ・拉致問題の整合性無き政治姿勢による頓挫状況等々、総じて売国的政治活動に対し強く事務所へ向けて大音量でブツケマシタ。その後、創価学会前でのニセ御本尊では納税しないのは脱税だ、セクト・カルトと呼ばれる今の学会は、池田教になる前の本物の御本尊に戻せ・・と強く訴えて、当初の予定を変更し知立駅前にて同様な訴えをしましたが、小さい市ながら街の様相も健全な様子の街に感じました。
何せ何処へ行っても他の市では必ずペタペタと貼って有る、アノ公明党のポースターが一枚も見つかりませんでした。共産党も民主党も社民党も無い、コレは公明党ポスターを貼らせぬ為の必要策なのか、そうとすれば創価学会を強く糾弾する必要が有るなって感じた次第でした。そして、再び大村事務所前へ戻り前回同様に展開てると、今度は来ました。住民が煩いって言ってるよって当局の人が来たけど、その時に同志が何時もやってる当局糾弾をその場で糾弾が展開されました。マ、現場警官では対応不可能な県に付き言うだけ言った後、市内巡回しながら名古屋へ戻り用事を済ませ終了として帰って参りました。

以下画像です・・
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

同志を送った帰り道は、例のチョンコロリンと創価と日本怪偽連中の、集団組織ストーキングで道中侮蔑差別しながら戻って参りました。

成果満杯の一日だと言えそうです。。。
日本の危機・日本人の危機に現実対応で生活妨害との、戦闘の報いとばかりにネット遮断の、突如、資金の元栓を閉じられました。 草莽号の緊急事態に、意識の高い方のお志を募りたいと思います。 振込先は、_愛知銀行. 店番207. 普通. 口座2012014_ 生活/戦闘資金に充てさせて頂きます。宜しくお願い致します。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

名古屋コーチン
2009年02月07日 08:42
ご苦労様です。
2009年02月07日 10:08

名古屋コーチンさん、

最近、創価ゴキチョンの中に毒ムカデ・毒サソリも、日に日に沢山増え始めてます。見かけたらお勧め画像にお使い下さい。。。
大あんまき
2009年02月07日 10:42
大村ひであきの政治献金について以前から強引なおカネ集めをしていると耳にしたことがありました。
そうでなければ1億を超える政治資金は集められないデしょうけど。
知立駅周辺はナゼか公明ポスターを見かけませんでしたが弘法さんの影響?ですかね。
市長も県議も民主党になりました。
大村事務所近くのガッカイ施設へ折伏街宣は堪えると思います。
しかし大村事務所は露骨ですねぇ・・事務所の中から公安が出て来るとは!
コレもN怪偽ルートでしょうか?

2009年02月07日 12:53
二本懐疑メートは全部に根深く関係してるでしょう。。。
未だ気付いて無いミマも次第に分かって来ると思います。
今も定番コースでやって来ましたが、もう、売国構造は丸出しでチョンコロリンも隠さず、破れかぶれの体たらくブリですょ。正統派公安も仕事がやり易いでしょう。
全ての集団・団体は一枚岩でない事が読み取れますから、我々は正義の使者として世間喚起に精を出して参りましょう。
杜若
2009年02月07日 13:24
啓蒙パトロールごくろう様です。
公営暴力団・綺麗ゴト保守をも含めたヤミ構造を徹底的に暴く時が来た様です。
2009年02月07日 16:15
>公営暴力団・綺麗ゴト保守をも含めたヤミ構造を徹底的に暴く時

・・・それとニセ御本尊と脱税、コレをやると上記もガタガタになると考えます。
国道一号線
2009年02月09日 03:04
大村秀章・前田雄吉等を通じて
パチンコ・マルチからの資金が
会費・賛助会費の名目で一部の
保守系3団体に流れていたようですね。
このヘンの一部保守系をも含んだ黒いヤミ構造についても明らかにさせていく必要が感じられます。
結構真っ黒な連中ですょ。
草莽愛知
2009年02月09日 08:34
国道一号線さん、

黒いヤミ構造・赤いヤミ構造、コレの接点での抵抗値が下がってるのが危機の原因の一つと言えそうだね。

この記事へのトラックバック