市民団体 草莽愛知実行委員会

アクセスカウンタ

「朝日新聞を糺す国民会議」 参加登録の呼びかけ・・

zoom RSS 中東問題・北朝鮮問題の国連の対応は、時間を長引かせ、中東・極東情勢の膠着状況を招く結果と学習スベシ。

<<   作成日時 : 2018/01/01 13:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

謹賀新年



北朝鮮問題も、中東問題と同じ色合いが強まって居そうな中、新しい年を迎える事となりましたが、日本国内に盛り沢山常駐する在日工作員社会も、連日連夜の特殊工作活動に大挙駆り出せれ、ヒキツリ笑顔で、年末年始も慄き乍らの虚勢行動に励んでいます。動けば動く程、隠密作戦も公開して居る事を、分かって居ながら止められないと言う持病の、火病により時間単位で発生する生ガスの、ガス抜き作業の様相は、まるで、人間生ゴミ生物兵器の如く、ウロチョロ徘徊の出動撤退を重ねています。破防法適用の要調査度は、日本共産党の比では無いと実感しています。そもそも、在日朝鮮韓国人社会の存在が無ければ、日本共産の要調査指定は必要ない話だったとも思えて居ります。何方にしても、永住権は一人も持たないし、政治行政の不作為や不正無くしては、存在し得ない立場の在日朝鮮韓国人には、先ずは、自主退去がお勧めだと思います。

全ての犯罪組織集団と赤い糸で繋がって居る在日社会壊滅に、5カ年計画を準備すべき時、先ずは、北朝鮮の暴走に手を貸す末端から、現場に於いては武力行使有りと宣言、強い抑止力を示す必要がありますね。

中韓朝ロは、概ね、対米戦略に北朝鮮の核武装に協力している状況下、トランプ政権にもキッシンジャーらの差し金で、懐柔分断工作が及んでいるのは歴然、何も工作員の策動が為され無いと考える人は居ない筈であります。
兎に角、二枚舌三枚舌は当たり前の左翼の世界、最後は力の実行力が混乱を防ぐ要となるのも、必然的な話だと考えます。。
時間を与えれば与える程、米国内戦の色合いが強くなり、ヒラリー側の裏工作で国連決議を裏切る組織が出来上がると思われます。それらに国連は、先ず、軍事行動の容認姿勢を宣言して於く必要があります。トランプさんの判断と認識が際立つ状況ですね。。
日本にとっても中東は重要な地域であり、エルサレム東西の融和的分割案提示などの共存共栄の叡智を、積極的に出していく事が望まれて居る筈と思います。

後は、今年もミサイル攻撃示唆で意気盛んの北朝鮮は、経済制裁の無力化はお茶のこ彩々で、米国本土攻撃用の発射実験の機会を常に狙って居る筈と思います。仮に日本への先制攻撃を実効したならば、独善性は世界の批判を集める事になり、その後の北朝鮮状況は、想像に難くないとも思えます。















https://www.youtube.com/watch?v=8XdGWmFqlU8






https://www.youtube.com/watch?v=uQOLJXtuuMA&t=1306s

画像




画像








米、北朝鮮核に抑止政策も=本土攻撃能力に危機感−「時間切れ」迫る
https://www.msn.com/ja-jp/news/world/
>>
 【ワシントン時事】トランプ米政権は1月20日に発足1年を迎える。しかし、外交・安保で多くの時間とエネルギーを割いてきた北朝鮮の核・ミサイル開発への対応で出口戦略は見えていない。米朝対話の展望が開けない一方、米本土を射程に入れる核兵器搭載の弾道ミサイルが2018年中に完成するという見通しもある。米国内では、軍事力行使を含む強硬論と併せて核保有を事実上認めることになる抑止政策が浮上している。
 「(外交解決は)時間切れになりつつある」。北朝鮮の核開発のスピードへの危機感を反映し、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は、さまざまな場面で警告を発している。トランプ大統領は北朝鮮が米本土攻撃能力を獲得するのを「阻止する」と強調しているが、具体的な「レッドライン(譲れない一線)」は明示していない。
 米側の困惑は、ティラーソン国務長官の発言のぶれからもうかがえる。長官が北朝鮮との対話姿勢を明確にしているのに対して、ホワイトハウスは圧力強化を重視し、政権内の不協和音が目立つ。国際的な制裁体制を軸とする「最大限の圧力」で北朝鮮を屈服させる戦略については、北朝鮮が経済的に依存する中国の十分な協力は得られていないのが現状だ。
 こう着状態の中、共和党の重鎮、グラム上院議員が北朝鮮の米本土攻撃能力獲得を阻止するため、米国が軍事行動を選択する確率は「30%だ」とメディアで発言し、波紋を広げた。「核・ミサイル開発を後退させるための限定的な空爆」(退役海軍大佐)などが念頭にあるとみられる。





「来年はさらなる衝撃」=核・ミサイル加速示唆?北朝鮮紙
https://news.biglobe.ne.jp/international/1230/jj_171230_1148942417.html
>>
12月30日(土)21時37分 時事通信
 【ソウル時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が軍最高司令官に就任してから6年となる30日、党機関紙・労働新聞は論評で、「世界は2018年、自力自強(自力更生)の偉大な力を余すところなく発揮するわが国の姿に、さらに大きな衝撃を受けることになろう」と予告し、来年も核・ミサイル開発を一層進める可能性を示唆した。
 別の論評は金委員長が推進している核開発と経済建設の「並進路線」を「英知と度胸の結晶だ」と称賛。「わが国の圧殺を狙った米帝の核恐喝策動は最悪の段階にある」と主張し、「どんな制裁・封鎖、軍事的威嚇も、われわれの前進を止めることはできない」と強調した。 

[時事通信社]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
河村発言を支持し、(略称:南京の真実国民運動)
「南京」の真実を究明する国民運動」>発足
★メールでご署名はここをクリック
★署名用紙のダウンロードはここをクリック[.PDF]
人気ブログランキングへ 


・再生リスト

・防犯草莽号の実行動
・評価動画


全ての犯罪の第一歩と成り得る、在日朝鮮人社会主体の集団ウロツキ徘徊システムは、反日日本人らが手引きする敵国側分子らによるスパイ工作活動でもある。
忍び寄る生活上の危機を知る必要有りです。
対処出来ない地域は、既に反日利得者・セクトカルト・在日らによる、日本侵略システムと世間工作が完了済み!!

・諸悪の根源・パチンコ出玉換金システム三店方式の特殊景品を違法化は、待った無しの現況・・
・もう一つの危機管理_情報管理は人事管理に有り


080-1620-6857
chubusougou21@hotmail.com
中東問題・北朝鮮問題の国連の対応は、時間を長引かせ、中東・極東情勢の膠着状況を招く結果と学習スベシ。 市民団体 草莽愛知実行委員会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる