市民団体 草莽愛知実行委員会

アクセスカウンタ

「朝日新聞を糺す国民会議」 参加登録の呼びかけ・・

zoom RSS 領土問題の決着は殆んどが分割案で解決、双方の大満足の方法は無く、現実的発想方しか存在し得ないと・・・

<<   作成日時 : 2017/12/10 12:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

どう考えても、当事国双方が不満ながらでも、分割共存しか考えられないですね。。

取敢えず、歴史的経緯を無視する分けにいかない話と、トランプさんは良く分かった上で仲介役に出た筈と考えます。。今回の米大使館移転の話も表明のみ、具体的日程も示しておらず、当然、暫らくの様子見の時間の意味合いも含まれている筈、悪影響の様相が想像以上で致命傷になる様なら、表明止まりでパレスチナ側との折衝に動くと考えられます。  

エルサレム地区の分割案しか現実化は無いのが、いくつかの領有権問題に於ける決着法ですし、歴史手は観点はパレスチナに分があり、現実的な力関係ではイスラエルと言う現況下の折衷案としては、過去の英国の失敗を参考に、当事者たちでは考えられない処の一私案として、人数割りの分割案を提案したいと考えます。

イスラエル側に建国した米国大使館、パレスチナ側には史実上の縁深い日本大使館、或いは、その他の候補国を設置で、その分割線を注意深く議論に入る事を期待したいと思います。 トランプ改革に相応しい結果を願い処であります。


懸案だった双方共存型は、現実的には無理が大き過ぎ、火種は燻ぶり続けると思われます。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv309266225



画像





https://youtu.be/eajnmaeeHIc






イスラム教、キリスト教の聖地が集中するエルサレムをイスラエルの首都

https://youtu.be/lrEyD4AifL4

関岡英之★イスラエルとは一体どんな国なのか? 20170428 #関岡英之 #木坂麻衣子

https://youtu.be/9nUPNA73uWI







トランプ大統領 米大使館をエルサレムに移転の意向
12月6日 7時57分トランプ大統領
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171206/k10011247921000.html
>>
アメリカのトランプ大統領はパレスチナ暫定自治政府のアッバス議長やヨルダンのアブドラ国王らと電話で相次いで会談し、イスラエルにあるアメリカ大使館を、国際社会が首都と認めていないエルサレムに移転する意向を伝えました。大使館の移転は、アメリカがエルサレムを事実上イスラエルの首都と認めることを内外に示すもので、今後、パレスチナだけでなく、イスラム諸国の激しい反発を招くことは避けられないと見られます。

トランプ大統領は5日、パレスチナ暫定自治政府のアッバス議長やヨルダンのアブドラ国王らと電話で相次いで会談し、パレスチナ側などによりますとイスラエルにあるアメリカ大使館を、国際社会が首都と認めていないエルサレムに移転する意向を伝えたということです。

これに対しアッバス議長は「中東和平交渉を台なしにするものだ」として断固反対する姿勢を示したほか、アブドラ国王は「中東地域の安全と安定に深刻な影響を与え、和平プロセスの再開を目指すアメリカの努力を台なしにするものになる」と警告し、移転に反対する姿勢を示したということです。

エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地があり、イスラエルは首都だと主張していますが、国際社会は認めず、各国政府は大使館を置いていません。

ホワイトハウスのサンダース報道官は記者会見で、トランプ大統領が6日にこの件について何らかの発表をすることを明らかにしました。

大使館の移転は、アメリカがエルサレムを事実上イスラエルの首都と認めることを内外に示すもので、今後、パレスチナだけでなく、イスラム諸国の激しい反発を招くことは避けられないと見られます。

一方で、今回の電話会談では大使館の移転にむけた手続きをいつ始めるのかなど詳しいことは明らかになっておらず、トランプ大統領がこれまでも大使館の移転を先送りしてきたいきさつがあることから、アメリカの一部メディアは今回もトランプ大統領が移転を先送りする可能性があると伝えています。

トランプ大統領 中東各国首脳と電話会談
アメリカのホワイトハウスはトランプ大統領が5日、パレスチナ暫定自治政府のアッバス議長やヨルダンのアブドラ国王のほか、イスラエルのネタニヤフ首相など中東の各国首脳と相次いで電話会談したことを明らかにしました。

この中でトランプ大統領は、中東各国の首脳とイスラエルとパレスチナの間の和平交渉の進展に向けて貢献することや、交渉を支援することの重要性を改めて確認したということです。

トランプ大統領としては会談での各国首脳の意見も踏まえて6日に最終的な判断を示すものと見られます。
パレスチナ 大規模抗議行動呼びかけ
アメリカのトランプ大統領がイスラエルにあるアメリカ大使館を国際社会が首都と認めていないエルサレムに移転する意向を伝えたことに対し、同じエルサレムを将来の独立国家の首都にすると主張するパレスチナ側は強く反発し、大規模な抗議行動を呼びかけ、今後、緊張が高まることも予想されます。

パレスチナ暫定自治政府のアッバス議長は5日、トランプ大統領との電話会談の後声明を出し「大使館の移転は和平交渉を台なしにし、中東と世界の情勢を悪化させるものだ」として断固反対する考えを伝えたことを明らかにしました。

また、すべてのパレスチナの勢力は共同で声明を出し、「聖地エルサレムの扱いは越えてはならない一線でありあらゆる形で抵抗する」として6日から3日間を「怒りの日」と位置づけてエルサレムやパレスチナ暫定自治区の各地で大規模な抗議行動を行うと住民に呼びかけ今後、緊張が高まることも予想されます。

パレスチナの勢力の1つ、イスラム原理主義組織ハマスの幹部は、NHKの取材に対し、「イスラエルを支援するアメリカは大きな過ちを犯しており、今後は、敵として対抗することになるだろう」と述べました。
サウジ国王 トランプ大統領に懸念表明
サウジアラビアの国営通信は5日夜、サルマン国王がアメリカのトランプ大統領と電話で会談し、アメリカ大使館のエルサレムへの移転などについて協議したと伝えました。

この中で、サルマン国王は「エルサレムをイスラエルの首都と認定したり、大使館を移転したりする措置は世界中のイスラム教徒への深刻な挑発につながる危険な一歩だ」と懸念を表明しました。

サウジアラビアにはイスラム教の二大聖地メッカとメディナがあり、サルマン国王としては、第3の聖地であるエルサレムの地位の変更は認められないとの立場を強調したものと見られています。
イスラエルと国交 エジプト・ヨルダンの首脳も反対姿勢強調
トランプ大統領は、イスラエルと国交のある数少ないアラブの国、エジプトとヨルダンの首脳とも相次いで電話で会談し、アメリカ大使館をエルサレムへ移転する意向を伝えました。

エジプト大統領府によりますと、この中でシシ大統領は「中東和平の可能性を台なしにする行動で地域情勢を悪化させないよう努めていくことが必要だ」としてエルサレムへの大使館の移転がもたらす悪影響に懸念を示し、反対する姿勢を強調しました。

またヨルダン政府によりますと、アブドラ国王はトランプ大統領に対し、「危険な決定で、中東地域の安全と安定に深刻な影響を与え、和平プロセスの再開を目指すアメリカの努力を台なしにするものになる」と伝え、大使館の移転に反対する姿勢を示したということです。

アブドラ国王はこのあと、パレスチナ暫定自治政府のアッバス議長と電話で会談し、東エルサレムを首都とするパレスチナ国家の樹立に向けて、引き続きパレスチナ側と協力していく考えを伝えました。
エルサレム市長「移転決断に期待」
イスラエル側は、エルサレムのバルカット市長が訪問先のワシントンでビデオ声明を出し、「トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めるとともに、アメリカ大使館をエルサレムに移転する決断をするよう期待したい。歴史的な行動であり、アメリカがユダヤ人とイスラエルの側に立っていることを世界に明確に伝えるメッセージになるだろう」と述べました。


関連ニュース

仏大統領が米に “エルサレムの地位は当事者の交渉で” 仏大統領が米に “エルサレムの地位は当事者の交渉で”12月5日 11時58分動画
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171205/k10011246781000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

米政権「エルサレムが首都」にパレスチナ反発 緊急会合要請 米政権「エルサレムが首都」にパレスチナ反発 緊急会合要請12月4日 6時09分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171204/k10011245411000.html?utm_int=detail_contents_news-related_002



https://youtu.be/053GFb0pQow


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
河村発言を支持し、(略称:南京の真実国民運動)
「南京」の真実を究明する国民運動」>発足
★メールでご署名はここをクリック
★署名用紙のダウンロードはここをクリック[.PDF]
人気ブログランキングへ 


・再生リスト

・防犯草莽号の実行動
・評価動画


全ての犯罪の第一歩と成り得る、在日朝鮮人社会主体の集団ウロツキ徘徊システムは、反日日本人らが手引きする敵国側分子らによるスパイ工作活動でもある。
忍び寄る生活上の危機を知る必要有りです。
対処出来ない地域は、既に反日利得者・セクトカルト・在日らによる、日本侵略システムと世間工作が完了済み!!

・諸悪の根源・パチンコ出玉換金システム三店方式の特殊景品を違法化は、待った無しの現況・・
・もう一つの危機管理_情報管理は人事管理に有り


080-1620-6857
chubusougou21@hotmail.com
領土問題の決着は殆んどが分割案で解決、双方の大満足の方法は無く、現実的発想方しか存在し得ないと・・・ 市民団体 草莽愛知実行委員会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる