市民団体 草莽愛知実行委員会

アクセスカウンタ

「朝日新聞を糺す国民会議」 参加登録の呼びかけ・・

zoom RSS 小池百合子氏は朝鮮人6000人虐殺の捏造に待ったを掛け、慣例の追悼文を見合わせが在日派を狂わせた模様

<<   作成日時 : 2017/10/23 20:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

オリンピク利権・豊洲利権の、所謂、在日利権の伏魔殿で、朝鮮人都知事舛添要一を担ぎ上げた安倍自公政権と対峙、韓国用の都政を排除の姿勢で結果を出した事で在日社会は火病寸前だったのは明白でした。

歴史詐欺のシオニスト・グローバリストの捏造美化派にとって、小池百合子さんの史実重視の姿勢が、捏造詐欺商売の生命線を絶たれそうな危機感から、左党は基より、右党内にも潜込んでた無自覚シオニストらと、小池潰しらとの共闘作戦で、組織集団的殺人ストーキングを止めない模様です。。システム・シフトを組んでるので座布団の火事の如く火は消えないのは明白です。。在日マネーと関係ある者の追放は必須の様相、数の論理で無く、自民党が出来得ない靖国参拝、愛国心の尊重・御英霊の名誉回復を、今直ぐ政策要綱に明記される事をお勧めいたします。自動的に選別の効果もある筈ですし、国際化勢力勢力からの攻撃に跳ね返す確たる力も得られると思います。

移籍組の言葉にも、筋金を通した保守の論理で説得できる筈と思います。 票田を日本復活願望の方への姿勢制御は必須だと考えます。 今回の現状は、生みたての赤子を、左から現れた野獣に喰われたと情景と目に映ります。 政党の理念と姿勢が問われてる現状と思います。 トランプさん攻撃と同類の今回の仕掛けだと思われます。愛国心尊重主義の人達と国際的連携組織の構築も、今後は役立って来る筈と考えます。



在日極左は偽ユダヤの代理人の実態が明白、今回の右党左党からの小池潰しの仕掛人は、関東大震災に於ける朝鮮人6000人虐殺と捏造した追悼文を拒否、話を精査するとして居る事にサギ商売が生命線の左翼も在日派保守右翼も、挙って小池叩きに動いて居る真っ最中と言ったところですね。

全ては、偽ユダヤの下僕らの、極左・左翼・反日システムのデッチ上げと、情報操作・印象操作の自作自演で、大宣伝工作した分離分断破壊工作の解り良い実例ですね。

実行組織の主犯勢力は在日朝鮮韓国人である事が鮮明になってます。







画像



画像



画像



https://youtu.be/liNFm72vOj8







大敗も“厚顔”小池百合子は続投宣言 「あきれた」と希望議員らは猛反発 パリから帰国後は居場所なし
https://www.msn.com/ja-jp/news/senkyo/%e5%a4%a7%e6%95%97%e3%82%82%e2%80%9c%e5%8e%9a%e9%a1%94%e2%80%9d%e5%b0%8f%e6%b1%a0%e7%99%be%e5%90%88%e5%ad%90%e3%81%af%e7%b6%9a%e6%8a%95%e5%ae%a3%e8%a8%80-%e3%80%8c%e3%81%82%e3%81%8d%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%8d%e3%81%a8%e5%b8%8c%e6%9c%9b%e8%ad%b0%e5%93%a1%e3%82%89%e3%81%af%e7%8c%9b%e5%8f%8d%e7%99%ba-%e3%83%91%e3%83%aa%e3%81%8b%e3%82%89%e5%b8%b0%e5%9b%bd%e5%be%8c%e3%81%af%e5%b1%85%e5%a0%b4%e6%89%80%e3%81%aa%e3%81%97/ar-AAtRHbe?ocid=DELLDHP15#page=2
>>

  衆院議員選挙の結果を待つために都内のホテルに設けられた希望の党の開票センターは10月22日夜、白けたムードが漂った。“総大将”の小池百合子代表の姿はなかった。東京都知事としての公務で前日の21日からパリに出張したためだ。
パリでまさかの続投宣言をした小池百合子希望の党代表(C)朝日新聞社 c dot. パリでまさかの続投宣言をした小池百合子希望の党代表(C)朝日新聞社

 代わりに設立メンバーである細野豪志氏と選対事務局長の樽床伸二氏が都内のホテルで開票結果を待ったが、開票時間の20時に報道陣の前に現れた2人にはいずれも笑顔がなく、厳しい表情。すぐに当確の花がついたのは数名のみで、21時になっても花は8つのみ。

細野、樽床両氏の当確が決まった時も、樽床氏が黙って花をつけるのみで、2人は会話も交わさず目も合さなかった。

 野党第一党の座を立憲民主党に奪われる可能性もあり、当初は政権交代を目指していた同党にとっては嵐の船出。細野氏は報道各社の取材に次のように語った。

「自民党に代わり得る、政権をになえる政党が必要だという我々の存在意義は、失われることはない。数字は非常に厳しい」

 党の人事や臨時国会での首班指名をどうするかなどについては、25日に小池氏が帰国した後に協議して決めるという。

 小池代表の進退について樽床氏は「代表は小池さんなので当然、そのまま。小池さんが立ち上げた政党なので」と、辞任の可能性を打ち消したが、当面の国政対応で国会議員らをまとめる幹部人事も含め、先行きは不透明だ。

 小池氏のパリ出張中の代表代行には設立メンバーの細野氏ではなく、復活当選した樽床氏が務めたが、この人選について様々な憶測を呼んでいる。

 開票センターで配られた式次第でも当初、「代表補佐」だった細野氏の肩書が赤ペンの二重線で消され、「チャーターメンバー」(設立メンバー)に書きかえられるなど、混乱が透けて見える。小池氏に近い関係者はこう語る。

「昔の仲間で小池さんに比例単独にしてもらった樽床さんはポチだもの。みんな自分の選挙で忙しいし、樽床さんはヒマだから代行に指名したんだろう。希望の国会議員代表は本来は前原誠司民進党代表が代表の適任者だろうが、入党するには一定の時間が必要なので、当面は樽床さんが幹事長、長島昭久政調会長といったような布陣が適当ではないか」

 小池氏自身はパリからのテレビ中継で、衆院選の敗北については、「おごりがあった。みなさんを不快にさせた私の言動があった」と責任を認めたものの、「今後の党の運営など責任をもって進めていきたい」とちゃっかりと続投宣言。

 ちなみに、この中継について、民放関係者は「パリからのインタビューの衛星回線には約1千万円も費用がかかり、各局が割り勘で分担したんです」とボヤいていた。

開票速報が流れている間も、希望の党の候補者たちの中からは悲鳴や不協和音が聞こえてきた。小選挙区での落選が濃厚となったある希望の前職候補者はこう語る。

「小池さんの続投宣言には呆れた。きちんとした党本部もつくらず、中枢への唯一の連絡先だった若狭さんも落選という有様では、もうしょうがないね。今は自分の比例復活を信じて待つしかない。小池や希望の党がどうなるかなんて、もうどうでもいい。先のことなんか何も考えられないよ」

 一方、民進党出身の別の希望候補者の関係者はこう憤る。

「選挙は最初、渡辺喜美氏や若狭氏の陣営が仕切っていたが、その後、樽床氏が途中から選対事務局長として来て、ただでさえ支持率が伸びないのに、ますます混乱してしまった。小選挙区で当選した議員の一部は、すぐに離党して新党を立て、立憲民主党と組んで野党第一党になる、という話もすでに浮上しています」

 同じく深刻なのは、希望への予期せぬほどの「逆風」によって落選の憂き目を見た候補者らにも、不満が鬱積する。東京ブロックから小選挙区に出馬したある候補者の周辺はこう語る。

「選対本部からの指示などはまったくなかった。選挙中、小池氏の応援を何度も要請しましたが、とうとう最後まで一度も来てもらえなかった。隣の選挙区の候補者は幹部候補だからなのか何度も応援に入っていたのに、あまりに不公平と感じました。すぐ近くで小池氏が複数の候補者と演説会を行った時にもうちの候補は参加させてもらえず、事前に連絡すらなかったんです」

 こうした声に対し、前出の小池氏に近い関係者も、急ごしらえだった党の体制の問題点は認め、次のように語る。

「今回の選挙戦でも事務局機能含め、やっつけ感が否めなかった。来年1月に予定する党大会までに党規約、綱領をしっかり固めたい」

 小池氏にとってもう一つの難題は、本業のはずだった都政だ。小池氏が都政を脇に置いて国政への関与を深めてから、都知事としての支持率は30%台に急落。小池氏の立ち上げた地域政党「都民ファーストの会」からも離党者が出るなど、足元がおぼつかないのだ。

「国政に関与したことで都議会公明党と決裂した代償は大きく、公明に配慮しないと議会が回せない。とりあえず、都民フォーストと希望が合流し、19年4月の統一地方選に向けて足場を固める。小池氏は都知事選を統一地方選と同日で前倒し行い実施、再戦を果たしオリンピック後の国政出馬にかけるしかないのでは」(前出の小池氏に近い関係者)

 古巣の自民党からも厳しい声が聞こえる。反安倍の急先鋒の中堅議員はこう吐き捨てた。

「せっかく安倍退陣がそこまで見えていたのに、小池の自滅でぶち壊しだ。小池の“排除”発言さえなければ、今頃、自民党は大変なことになっていたぜ。過半数ぎりぎりで、政局になり、安倍さんは代わっていたよ!せっかく、期待していたのに、もう小池人気も終わりだろう。小池の自滅が今回の選挙戦のすべて」

 パリから帰国後、小池氏はこの難局をどう乗り切るのか。(本誌 小泉耕平 村上新太郎)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
河村発言を支持し、(略称:南京の真実国民運動)
「南京」の真実を究明する国民運動」>発足
★メールでご署名はここをクリック
★署名用紙のダウンロードはここをクリック[.PDF]
人気ブログランキングへ 


・再生リスト

・防犯草莽号の実行動
・評価動画


全ての犯罪の第一歩と成り得る、在日朝鮮人社会主体の集団ウロツキ徘徊システムは、反日日本人らが手引きする敵国側分子らによるスパイ工作活動でもある。
忍び寄る生活上の危機を知る必要有りです。
対処出来ない地域は、既に反日利得者・セクトカルト・在日らによる、日本侵略システムと世間工作が完了済み!!

・諸悪の根源・パチンコ出玉換金システム三店方式の特殊景品を違法化は、待った無しの現況・・
・もう一つの危機管理_情報管理は人事管理に有り


080-1620-6857
chubusougou21@hotmail.com
小池百合子氏は朝鮮人6000人虐殺の捏造に待ったを掛け、慣例の追悼文を見合わせが在日派を狂わせた模様 市民団体 草莽愛知実行委員会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる