市民団体 草莽愛知実行委員会

アクセスカウンタ

「朝日新聞を糺す国民会議」 参加登録の呼びかけ・・

zoom RSS 米国のトランプ政権の動きに、日本の安倍政権も歩調を確り合わせ、戦後体制打破へ戦後遺物の在日社会撲滅を

<<   作成日時 : 2017/02/20 05:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0


偽ユダヤニューディーラー派の世界統一は、世界の私物化が狙い。
秩序破壊の要員を移民難民で確保させる工作に、グローバリスト等は手練手管で、様々、画策して居ます。

米国民に不利益を被らせ、極度の格差社会で米国破壊に精を出す、1%の偽ユダヤニューディーラー派に私物化されて居る、司法行政立法・情報機関になっている実情に、米国民の手に取戻す戦いが、二分化の様相として明確になって居ます。

日本より一歩程、先にやられそうなところで留まって居る米国の現状。瓜二つの日本の内情問題も、偽ユダヤニューディーラー派・共犯国の朝鮮半島に戦後体制を強要されたまま、日本国民の資産財産・安心安全が脅かされ、在日社会組織の特殊工作活動が勢いを増して来ています。

在日社会の現状は、終戦直後の土手下での密入国生活を弁えながらの行動から、弁えを取り払われた朝鮮人の民族性で、日本の秩序破壊・日本人狩り・家族家庭破壊など、全員参加型のデマの流布工作・監視工作等々に風評被害工作に日夜の連続行動となって居ます。明白に、特殊工作組織の為の在日社会に変貌を果たして居る実態であります。

米国のトランプ政権の動きに、日本の安倍政権も歩調を確り合わせて、戦後体制打破へ戦後の遺物の在日社会撲滅へ、半分残されて居る絶対命令の帰国命令を済ませる計画作りに、今すぐ取掛かるのが自主独立派の行動であると考えます。
なお、取敢えず、特別永住許可は憲法の精神を犯した憲法違反であり、自動的無効なものと主権国民日本人は立ち上がるべき時であります。




画像




https://youtu.be/NO97I1spZgk







トランプ氏、実績誇る75分 「報道は偽」初の単独会見
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/ASK2K72CKK2KUHBI025
02月17日 23:20朝日新聞
>

 トランプ米大統領は16日、就任後初めてとなる単独での記者会見を開いた。約1時間15分に及んだ会見では、就任1カ月を迎える自らの実績を強調。一方で報道を「偽ニュースだ」と決めつけたり、質問を途中で遮ったりするなど、メディアを敵視する姿勢は相変わらずだった。

 冒頭、トランプ氏は「この短期間にこれだけの成果を上げた大統領はいなかった」と自らの実績を誇った。「テレビや新聞で、『カオス(混乱状態)だ』との記事を見るが、正反対だ。この政権はよく整備された機械のように動いている」と語り、政権運営は順調であると主張した。

 難民らの入国を一時禁止した大統領令の効力が連邦地裁によって停止されたことについては、「とてもスムーズに導入できたのに、悪い裁判所が悪い決定をした」と批判した。中東、北朝鮮などの問題を挙げて、「我々の政権は国内と国外の混乱を引き継いでしまった」と、オバマ前政権に責任転嫁するかのような発言もあった。



<米入国禁止令>テキサス州が支持
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/world/mainichi-20170217k0000m030057000c.html
02月16日 19:57毎日新聞
>

 【ロサンゼルス長野宏美】米南部テキサス州のパクストン司法長官(共和党)は15日、西部カリフォルニア州サンフランシスコの連邦控訴裁判所に対し、イスラム圏7カ国からの入国を一時禁止する大統領令を支持する法廷助言書を出した。米ワシントン・ポスト紙によると、支持を表明した州は初めて。

 控訴裁は9日、大統領令の即時停止を命じた西部ワシントン州の連邦地裁の仮処分を支持する決定をした。また控訴裁は、決定を再審査すべきかの検討をする予定で、原告のワシントン、中西部ミネソタの両州と被告のトランプ政権側に対して、16日までに意見書を出すよう求めている。

 トランプ大統領が1月27日に署名した大統領令について、パクストン司法長官は声明で「米国民の安全を守るため、誰が入国できるかを決める裁量が大統領にあることは、法律が明確にしている」と支持の理由を説明した。

 一方、17州とコロンビア特別区(首都ワシントン)の18司法長官は決定前、原告を支持する法廷助言書を控訴裁に出し、大統領令に反対の立場を表明している。



<米入国禁止令>トランプ氏スピーチライター、司法批判展開
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/world/mainichi-20170213k0000e030131000c.html
02月13日 10:43毎日新聞
>

 【ワシントン三木幸治】連邦控訴裁判所が、イスラム圏7カ国からの入国を制限する大統領令を差し止めた地裁決定を支持したことを巡り、トランプ米大統領のスピーチライター、スティーブン・ミラー大統領補佐官(31)が12日、米テレビに相次いで出演し、大統領令の差し止めは「(大統領の)権力の侵害だ」と司法批判を展開した。

 ミラー氏は、セッションズ司法長官の側近で、移民に対する強硬な姿勢で知られる。トランプ氏の就任演説を一部担当したほか、入国制限の大統領令やメキシコ国境への壁建設などに深く関与しているとされる。

 ミラー氏は12日、「(選挙で)選ばれていない判事に米国の方針を作り変える権利はない」(FOXテレビ)、「(法は)大統領の権力は最高のものだと示している」(ABCテレビ)などと主張した。

 一方、控訴裁決定への対応については、最高裁への上訴や連邦控訴裁への再審理申し立て、大統領令の書き換えなど「全ての選択肢を検討している」と述べた。フロリダ州に滞在していたトランプ氏は12日、「いい仕事だ」とツイートし、ミラー氏をほめたたえた。



偽ニュースが伝染する欧州 政府・新聞社、デマ対策本腰
http://www.asahi.com/articles/ASK1N4RSXK1NUTIL022.html?ref=goonews
高久潤 ベルリン=高野弦 田玉恵美 2017年1月21日05時00分
>

 ネット上にデマが飛び交った昨年の米大統領選。今年大きな選挙を控える欧州でも、「偽ニュース」の拡散を警戒する声が強まっている。各国で、新聞社や政府、ネット企業などが次々に対策を打ち出し始めた。

■信憑性判定ツール開発

 仏ルモンド紙は2月にも、ブラウザーに導入すれば閲覧中のサイトの信頼性がわかるツールを発表する。偽ニュースのサイトは赤、ジャーナリズムの手続きに従っていると思われるものは緑、事実を題材にしたパロディーサイトは青など、信頼性の度合いが色で示される仕組みだ。

 「あまりに(偽ニュースの)量が増えすぎた。記事で対応するだけではだめだと思った」。ネット上の情報や画像の真偽を検証する部門の責任者で記者のサミュエル・ロランさんは、ツールの開発を始めた理由をそう話す。

 同紙は2009年から、ネット上の情報について検証チームが調査。今春に控える大統領選の候補者をめぐるうわさや画像の真偽などを日々、電子版で発表している。

 15年11月、パリで130人が死亡する同時多発テロが発生した。直後、逃亡した容疑者の素性や行方をめぐり、全く関係ない人の名前や写真が出回るなど、ネット上もパニックに陥った。ネット利用者が情報に対して批判精神を持つために「何か手がかりが必要だ」と考え、今回のツールの開発が決まったという。

 サイトの記事の内容や公にされている政治家の発言、統計データを自動的に関連づけて表示させることで、利用者が事実関係を検証できる仕組みの開発も進めている。ロランさんは「ルモンドのためというより、公共的なサービスとしてやっている。爆発的に増える偽情報と戦うための材料を提供する役割がジャーナリストにはある」と話す。(高久潤)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
河村発言を支持し、(略称:南京の真実国民運動)
「南京」の真実を究明する国民運動」>発足
★メールでご署名はここをクリック
★署名用紙のダウンロードはここをクリック[.PDF]
人気ブログランキングへ 

●日本のこころを大切にする党_‣‣_公式サイト
・夜のみおちゃんねる ・杉田水脈応援団(なでしこの会)

偽ユダヤ裏社会と、偽日本人の朝鮮悪を問題視して居る貴重な存在・・ ・・richardkoshimizu official website


・再生リスト

・防犯草莽号の実行動
・評価動画


全ての犯罪の第一歩と成り得る、在日朝鮮人社会主体の集団ウロツキ徘徊システムは、反日日本人らが手引きする敵国側分子らによるスパイ工作活動でもある。
忍び寄る生活上の危機を知る必要有りです。
対処出来ない地域は、既に反日利得者・セクトカルト・在日らによる、日本侵略システムと世間工作が完了済み!!

・諸悪の根源・パチンコ出玉換金システム三店方式の特殊景品を違法化は、待った無しの現況・・
・もう一つの危機管理_情報管理は人事管理に有り


080-1620-6857
chubusougou21@hotmail.com
米国のトランプ政権の動きに、日本の安倍政権も歩調を確り合わせ、戦後体制打破へ戦後遺物の在日社会撲滅を 市民団体 草莽愛知実行委員会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる