市民団体 草莽愛知実行委員会

アクセスカウンタ

「朝日新聞を糺す国民会議」 参加登録の呼びかけ・・

zoom RSS トランプ支持者を大量につくったのは、ヒラリー勢自らが仕掛けた罠に嵌り、オンゴールを重ねたのが最大要因

<<   作成日時 : 2017/01/13 21:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

未だ諦めがつかないのは、未だ、自分らの起こした天に唾を吐いて居た事に気づけてないからですね。

いくら世界を支配して来たイルミネーターフリーメーソンと言えども、最近のヤラセテロ、虚偽虚構で事実詐称工作を易々と熟し、コミュンテルン日本出張所の日本共産党を誕生させ、在日朝鮮人連盟結成で在日社会を創設させて日本潰しに万全とは言えど、最近は特にその万死に値する犯罪が、世界人類を虫けらの如く扱ってきた精神性を如実に露わし、第三次大戦のたくらみを阻止されその焦りからか、疲弊した米国民から再びの収奪を企んだオバマケアの頓挫する中、911・311を引き起こすと言う、統制が取れなくなった内部事象も隠せず、新聞テレビで世界人類をご都合主義で操り、そこにドップリと自らものめり込んでしまっ居て、自分らがどれ程の犯罪実績を残し、それを多くの世界の人々が知り、シオニスト等に追いやれらた米国の被害民も声を殺して、ヒラリー勢を追い払ってくれる人を待って居た米国事情だったのは歴然だった分けですが、何せ自らが仕掛けた罠に嵌り込み、今も抜け出せなくなってる現況から、粗、アリ地獄の中で時間と共に奈落の底へ落ち込んム姿は、現在の韓国の実情とよく似ています。

ドチラニしても、昔から偽ユダヤ(カザール人)と偽日本人(在日朝鮮韓国人の祖国)は共犯関係となって居たし、やる事為す事は似て居て当然でもあります。現在の在日朝鮮韓国人社会による日本人狩りや、家族家庭破壊工作・社会破壊工作・皇室破壊工作・国体破壊への、原爆投下の日本壊滅作戦が、今上天皇であった裕仁天皇によって阻止され、壊滅作戦未遂のままの状態に於いて終戦を偽装した結果、全朝鮮韓国人帰国命令も半分で中断、それらに戦後の整理・掃討戦の体制とシステムを残し置き、以後、何十年も日本を独立させない政治行政が展開され、特殊工作組織の機能を楽々熟し続けた在日は、婦女子を食い物にするわ、脱税は上位クラス、生活保護費不正受給等々、日本を内面から腐らせる為の破壊工作を、個人情報・秘密情報を盗み犯罪に流用と共に脅迫テロと暴力を前面に、標的を二十四時間休み無く何十年もツケ狙う特殊工作が、在日社会・極左社会・カルト社会の人脈構成の拡大と共に、日本を内部から破壊する侵略戦争が、今、白日のモノとなって居るのが現状です。在日社会撲滅に日本の真の独立ありと訴えている理由であります。 今年の年末年始は、彼ら在日社会・極左社会・カルト社会の人脈も、完全犯罪の達成へ死力を尽くす全精力結集の如くになり、世間からも解り良くなってると思います。





画像

画像




不正入国生活者時の朝鮮徘徊は個人レベル、今は組織的な侵略活動に拡大化・170110_草莽愛知

https://www.youtube.com/watch?v=5mOoNqvgr8E&list=PLckn8YTGnZl_q47LoyW0xQXo4imhP12rS


極左組織・在日組織・カルト組織、年末年始の特別集スト興行の中、街中へ遠征・・_170104_草莽愛知.

https://youtu.be/BeRFGdv-uBM




トランプは「米国全土」を握ったわけではない
カリフォルニア州などは反旗を翻している
http://toyokeizai.net/articles/-/153273
2017年01月13日
>
2016年は、米国や英国など多くの先進国で、ポピュリズムが優勢を誇った。所得の低迷、経済的機会の縮小、不満の広がりを背景に、有権者は、「人民」に権力を戻し、腐敗した「エリート」に有利なシステムを打破すると主張した候補を支持した。

米国ではオバマ大統領が高い支持を得ていたが、連邦政府への国民の支持率は19%まで下がっていた。こうした信認低下が、昨年11月の大統領選でドナルド・トランプ氏を勝たせた。

トランプ政権は共和党の伝統的なやり方に基づいて、軍事を除く政府支出を抑制する可能性が大きい。医療や教育、訓練、環境向けの支出削減と、逆累進化の色彩が濃い個人・法人向け減税によって、皮肉にも、大半の世帯への恩恵が薄まる一方、「エリート」はさらに豊かになりそうだ。

米国人が信頼するのは「国よりも州や地方」

だが、連邦政府が取り組むべき主要な社会・経済的な課題が残り続ける中で、州や地方自治体は革新を進める重責を担い続ける。

ギャラップ社の年次世論調査によると、米国人の62%が州政府には問題解決能力があると回答、地方自治体に関しては、この比率は71%に上った。

2014年のピュー研究所の調査では、国家の政策に満足しているとの回答率は25%に過ぎなかった一方、自治体による行政に満足しているとの回答は60%に達していた。

米国憲法は各州政府が革新的な政策を独自に行うことを認めており、成功例も多い。たとえば、ワイオミング州は19世紀に、世界で最も早く女性の選挙権を認めた。ミシガン州やウィスコンシン州の福祉事業はクリントン政権の全国的な福祉プログラムのひな型となった。オバマケア(医療保険制度改革)の原型はマサチューセッツ州が導入した医療制度だ


環境面でも2000年から2014年にかけて33の州が、各種のエネルギー政策を通じて、二酸化炭素の排出量を抑制しつつ経済規模を拡大させた。一部の州はすでに排出権取引を導入した。

進歩的な連邦制度がもたらした成功例はこれ以外にも、医療や刑務所改革、高等教育、労働者保護などをめぐる分野で、枚挙にいとまがない。

州と地方自治体の改革を後押しするために連邦政府は、解決策の指南役ではなく、測定可能な目標とインセンティブを提供するベンチャーキャピタリストの役を引き受ける。オバマ大統領も、教育や医療などの面で、そうした形での取り組みを進めてきた。

加州は反トランプの急先鋒になるか

世界第6位の経済規模と4000万人の人口を抱えるカリフォルニア州は進歩的な連邦主義のモデル的な存在であり、トランプ政権への対抗勢力のリーダーとなり得る。結束した民主党主導の州政府の下で、女性や農場労働者、移民、性的マイノリティなどの権利を拡大させた。自動車の排出ガス規制など環境保護の面でも先駆けている。

同州のジェリー・ブラウン知事は最近、気候データ収集に必要な衛星のための連邦政府の資金支援をトランプ政権が削減するのであれば、カリフォルニア州としては「自前の衛星を打ち上げてやる」と発言した。

また、カリフォルニア州と州内の大都市の多くはすでに、連邦政府との協力を制限して移民を保護する「聖域」の立場をとっている。

入国管理は法的には連邦政府の管轄だが、手が回らないのが実情だ。そして、トランプ氏が公約した支出と人員の削減によって連邦政府のリソース不足は濃厚となり、州や自治体への業務委託を拡大せざるを得なくなる。

さらに、カリフォルニア州議会は最近、トランプ政権の政策に反対する形で、移民の国外追放に反対する勢力を資金支援することなどを盛り込んだ新法案の審議に入った。

これに対してトランプ氏は、「聖域」への連邦政府の資金拠出を減らすと脅しをかけている。しかし、最近の最高裁の判例に基づけば、特定の政策の実施を州当局に「強制」する目的で連邦政府の支出に条件をつけることは難しくなっている。

2016年はポピュリズムが米国の政権を奪取した年として記憶されるかもしれない。一方で、国民や地域社会に信頼される州政府や地方自治体が、連邦制の進化と抵抗を担う新時代が始まった年として記憶されるかもしれない。



クリントン氏がニューヨーク市長に?
https://www.youtube.com/watch?v=zFuM8cByio4&t=76s
2017年01月08日 10:01短縮 URLhttp://sptnkne.ws/dk2A
元大統領候補、ヒラリー・クリントン氏は米ニューヨーク市長選挙への出馬を検討している。ニューヨーク・デイリーニューズが高官筋の情報として報じた。高官筋によると、クリントン氏は米国最大の都市、ニューヨークの市長選挙に出馬する可能性を除外していない。現市長ビル・デブラシオ氏は今年末に任期を満了する。

クリントン氏は昨年の大統領選挙でトランプ氏に敗北した。トランプ氏の大統領就任式は月20日に行われる。



トランプ熱烈支持者とは、いったい誰なのか
地方に住む白人・非知識者層が覚醒した
http://toyokeizai.net/articles/-/144507
2016年11月10日
>
世界を震撼させる、まさかの結果となった米大統領選。確固たる政策も実績もないトランプを勝利に導いたのは、現状に不満を抱く人々の「怒り」と「恐怖」を煽り、人間の本能的防御メカニズムを惹起するという原始的かつ巧妙な手法だった。


一言でいえば、「理」で攻めたクリントンが「情」のトランプに負けたということになる。これはまさに英国のEU離脱と同じ構図であるが、トランプの「黒魔術コミュ力」がなければ、ここまでの破壊力を持つことはなかったはずだ。サイレントマジョリティだったはずの非知識白人層を覚醒させ、トランピアン(トランプ支持者)として逆襲に駆り立てたものとは一体何だったのだろうか。

過去にも過激派はいたが・・・

トランピアンとは誰なのか。統計上、共通項として表れるのが地方に住む「白人」「非知識者層」という特徴だ。必ずしも、失業者や困窮者ということではなく、比較的経済的に恵まれた人も多い。この共通項をベースとして、「ヒラリーが嫌い」「女性大統領は嫌だ」「銃規制反対」「移民反対」「中絶反対」「共和党支持」「LGBTに反感」「キリスト教原理主義」「マイノリティに対する差別意識」などのスイッチを持つ人を次々と取り込んでいったと考えられる。

こういった排外主義、保守主義を強く押し出した政治家は別にトランプが初めてというわけではない。過去にも共和党からパット・ブキャナンやサラ・ペイリンといった超タカ派が過激な説を唱えて大統領や副大統領を目指したが、主流派になることはなかった


しかし、ここにきて、黒人やヒスパニック系の増加により、マイノリティとなりつつある「白人層」の不満が一気に爆発した。

非白人層との間に軋轢があれば、「人種差別だ」と責められるのは決まって白人であり、アファーマティブ・アクション(黒人や少数民族など差別されてきた人々に対し、雇用、教育面で優遇する施策)によって、マイノリティは大学入学や就職に有利な扱いがされるのに、白人にはそうしたメリットがない、といった「不公平感」が根強くあった。

8年間の「黒人」大統領の下で、「我々だけが割を食わされている」という意識が芽生え、さらには、移民によって職が奪われ、治安を脅かされているという誤解や妄信が加わって、沸点に達しつつあった憤りをいち早く感じ取り、すくい取ったのがトランプだったといえる。

トランプはそういった人々の、「政府は何もしてくれない」「時代に置き去りにされている」という「怒り」、そして、いつかテロリストに身の安全を、移民によって職を奪われるという「恐怖」に一気に火をつけた。人間は「ロジック」よりも「感情」を刺激するコミュニケーションに動かされる。感情には「喜び」や「驚き」「悲しみ」といったものがあるが、人を最も突き動かすのが「恐怖」、そして「怒り」だ。

特に、「恐怖」の感情には人は無条件で反応する。なぜなら、人が恐怖を感じる=自らの生存が脅かされている、ということだからだ。こうした恐怖訴求のコミュニケーションはまさに人間の根源的生存欲求にダイレクトに働きかけ、人々を駆り立てた。

トランプは「職は失われ、犯罪は横行し、まさに世紀末である」「このままであれば、アメリカは滅びる」、「これを救えるのは私しかいない」と、まるで新興宗教の教祖のように説き伏せた。人には「ネガティビティバイアス」という、ポジティブな情報より、ネガティブな情報の方により大きく反応する、という特徴がある。特に、目の前に示された事柄だけにとらわれ、俯瞰する能力に欠ける情弱者(情報弱者)であれば、誇張された地獄絵であっても、それを容易に信じ込んでしまう。

「メキシコとの間に壁を作る」というシンボル

その地獄に垂れる「一本のクモの糸」としてトランプが描いて見せたのが、「壁」であった。メキシコとの間に「壁」を作るんだ、それによって、移民を食い止めるのだ、という荒唐無稽なアイディアは、人々の頭の中に、鮮やかなシンボルとして植え付けられた。イギリスのEU離脱派が用いた「不法移民が大量にやってくる」というイメージを散々、見せつける戦術と同様の心理作戦だ。

トランプは、ソーシャルメディアやマスメディアを巧みに使い分け、自身のメッセージの最大級の拡散と露出を図った。99%のマスメディアはトランプに批判的であったが、トランプの言葉を信じ切った支持者にとって、メディアの講釈など雑音にしか聞こえない。トランプは、自らのコンテンツがある一定の国民には必ず、受け入れられると分かった上で、過激な言葉を発し続け、そのメッセージをメディアは愚直にせっせと伝え続けた。

マスメディアにとっては、トランプの記事はクリック数も稼げるし、それ以上に「真実」を伝えれば、きっと人々はそのまやかしに気づき、考え方を変えてくれるのでは、という「幻想」を抱いていたのかもしれない。


しかし、人間はそれほど理性的な存在ではなく、自分の耳に心地よい話しか聞き入れず、簡単にウソに騙され、合理性に乏しい決断をしてしまう生き物なのだ。そして、トランプにとって、「真実」など、ゴミのようなものである。嘘でもホラでも、インパクトがあり、自分に都合のいい内容なら、自信をもって言い切ればいい。不確かな時代に確かなものを求める「情弱」の支持者は、それもそのまま受け入れる。

「I love the poorly educated」(私は教育水準の低い人々を愛している)と演説で吐露したが、それは彼らほど簡単に手玉に取ることのできる人々はいないからだろう。支持者は、トランプにとって都合のいい情報だけが循環する独自の「エコシステム」を作り上げ、マスメディアが必死で調べ上げた「事実」には耳を閉ざし続けた。人々は集会やツイッターの内容に熱狂し、無数の保守系ゴシップメディアが発信するガセネタや動画を見て、クリントンや現政権への憎悪を膨らませていった。

富める者は富み、貧しいものはどんどんと底辺に追いやる所得格差・教育格差の拡大、異常に高額な医療サービスや保育サービス、劣化するインフラ、麻薬や睡眠薬による中毒のまん延、銃犯罪の横行、産業の空洞化など、確かにアメリカのひずみやほころびは、簡単には修復できないレベルまで広がっている。大統領が民主党、共和党が上下両院の多数派を占めるというねじれ状態ゆえの膠着も大きな要因であり、すべてを民主党政権のせいにするのは酷だとしても、一貫して政界に携わってきたクリントンに責任の一端があると言われれば、否定するのは難しい。

クリントンの戦略ミス

クリントンのコミュニケーションについては、前回の記事でも触れたが、完全なイメージ戦略ミスだった。非知識層の男性が忌み嫌うのは「賢く強く冷たい女性」であろう。女性の印象形成に最も影響する「温かみ」に欠け、インテリ臭が抜けない。驚くのは「女性の敵」のような相手と戦ったにもかかわらず、女性の間でも思ったほどに票を伸ばせなかったことだ。

また、ヒスパニックや黒人投票者の間での支持も取り付けることができなかった。トランプ側に回った白人層の屈折した気持ちや置き去りにされた悔しさを理解し、もっと寄り添うコミュニケーションができれば、事態も変わっていたかもしれない。ところが、そうした人々を「deplorables」(嘆かわしい人々)と呼び、バカにし、突き放した。そんな「上から目線」のエリート主義が彼らの怒りに火をつけた。

まさに海図のない航海、未知の領域に踏み出したアメリカ。トランプはどのような大統領になり、どのようなかじ取りをするのか。一部には「変革のきっかけになる」という声もあるようだが、その言動をつぶさに観察してきた筆者としては、そこまで楽観的な気持ちにはなれない。共感しているように見せかけるのは巧いが、実は誰に対しても共感していない。激しく差別主義者的で、究極のナルシストで、怒りやすく、論理的な思考は全くできない。まさに「知性」や「品格」の対極にある人物だ。

ただ、もしかして、彼のこれまでしてきたことが、すべて、支持者を獲得する為だけの「演技」で、あの強烈キャラは、ブランド作りやマーケティング戦略の一環だったのだとすれば・・・。今は、そんなわずかな希望にすがるしかない。

誰もが予想していなかったトランプの当選。これを可能にしたのは、ひとえに両候補のコミュニケーション戦略の巧拙であったとしか言いようがない。たかが、コミュ力、されどコミュ力。詭弁家や詐欺師だけにコミュニケーションの力を独占させるのではなく、本当に力のある人、本物のリーダーこそが、コミュ力武装するべきなのに、日本ではまだまだその重要性が十分に認められていない気がする。生き馬の目を抜くような混迷と分裂の時代だからこそ、その力はますます必要になってくる。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
河村発言を支持し、(略称:南京の真実国民運動)
「南京」の真実を究明する国民運動」>発足
★メールでご署名はここをクリック
★署名用紙のダウンロードはここをクリック[.PDF]
人気ブログランキングへ 

●日本のこころを大切にする党_‣‣_公式サイト
・夜のみおちゃんねる ・杉田水脈応援団(なでしこの会)

・・richardkoshimizu official website

【拡散用】Free Tibet!
尼僧も灯油を飲み、抗議のショッキングな焼身自殺 


・再生リスト

・防犯草莽号の実行動
・評価動画


全ての犯罪の第一歩と成り得る、在日朝鮮人社会主体の集団ウロツキ徘徊システムは、反日日本人らが手引きする敵国側分子らによるスパイ工作活動でもある。
忍び寄る生活上の危機を知る必要有りです。
対処出来ない地域は、既に反日利得者・セクトカルト・在日らによる、日本侵略システムと世間工作が完了済み!!

・諸悪の根源・パチンコ出玉換金システム三店方式の特殊景品を違法化は、待った無しの現況・・
・もう一つの危機管理_情報管理は人事管理に有り


080-1620-6857
chubusougou21@hotmail.com
トランプ支持者を大量につくったのは、ヒラリー勢自らが仕掛けた罠に嵌り、オンゴールを重ねたのが最大要因 市民団体 草莽愛知実行委員会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる