市民団体 草莽愛知実行委員会

アクセスカウンタ

「朝日新聞を糺す国民会議」 参加登録の呼びかけ・・

zoom RSS 世界的にテロが拡散される中、日本こそ、戦後三大騒乱暴動事件で実績ある在日組織の、日本人狩りに要注意・

<<   作成日時 : 2016/08/08 14:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

取敢えず、土地金品を盗ませたまま、殺害事件・婦女子強姦拉致事件等も放置している現状は、三権も第四権も事実上、侵略者の支配下にある事を示してますね。 在日社会を創り操って居る1%ユダヤ人脈CFRの過去犯罪と、ネオコンと呼ばれるJ・ハンドラーズと日本共産党らの暴力革命の関係性に注目しよう・・・



画像


拡散要請・・・
●ZIPファイル(3PDF) Rev. 1.1 RK

- RK's Analysys on 9-11.pdf

RK- 9-11 and Stealth Jewish.pdf RK- Barron Adolf Rothschild Hitler Fled to Argentina.pdf

https://app.box.com/s/rmhe2aljyug9i48x8eux9jq4tile7ad3

ダウンロードしていただいて ZIPファイルそのまま、又は、3つのPDFファイルそれぞれを 皆さんのお力で、ネット上にコピーがたくさん存在するようにしていただけませんか・・・
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201608/article_36.html 



有り得ない論理で活動する、日中・日韓・日朝との友好親善団体と議連の詐欺体質・・

日本共産党の暴力革命が朝鮮人連盟結成主旨理念の下、土手下へ密入国後の朝鮮人らに在日特権を持たせて日本掃討戦の如く、対日攻略の中韓と強い連携による、人格破壊・人間抹殺・家族家庭破壊・地域システム破壊・ガバナンス破壊・国体破壊等々、これらを着々と進められた現状は、最早、中国共産党の日本解放第二期工作要綱を、電通を元締めに韓流ブームの仕掛けと共に、対日攻略を大々的に実行して来て居る現況です。。
先ずは、日常社会の日本人狩りに於いては、いじめ・カツアゲ・自殺強要に、在日家庭らは友好親善を偽装しながら密着し、主婦・ギャル・小中高生に実技指導にも同行、手取り足取りの実践教育に連日連夜の実践教育をしています。。

当然、大元の混乱期の密入国者らが、戦後日本の社会で君臨した現況になるのは、暴力革命の日本共産党・日本社会党(社民党)の生命線的存在であり、在日社会撲滅は、即ち、暴力革命の死滅策と為り得る為にマルキストらは、在日擁護に国際的マルキスト組織結集で、日本潰し工作も大炎上の兆しも残されて居ます。。米大統領選に於けるトランプ叩きの、ネガティブ大キャンペーンにも、マルキスト勢力側の中心の1%裏社会が必至の抵抗中であり、彼らの過去犯罪追及で弱点を世間に告知宣伝が重要であります。

しかしながら、911世界貿易センタービル破壊に於ける、核使用の形跡は消す事も出来ず救援活動に入って居た消防隊員・警察隊員の大半の人達が、広島長崎の原爆被害者と全くの同様に、多発性ガン死が5・6年経過した後から急増し始めています。この根本的に人類の尊厳を破壊する犯には右左関係無く、人間として世界が立ち上がらなければ為らないと思われます。その先頭に立たざるを得ないのが、世界で唯一原爆被害の体験と対処の実績と持つ日本である筈です。

 未だ、タルムード理念の1%の裏社会は、第三次世界大戦を必要とする論理を、糺せるところまでは至っていないのも現実であり、人類の敵と見做すほか無いのが実情と、明確に認識すべきであると思います。

日本国内に存在するソフトテロの実行勢力は、暴力革命の日本共産党・密入国者朝鮮人韓国人らに朝鮮人連盟結成を指導の、占領軍GHQ内に潜り込んで居た偽ユダヤサタン派ニューディラーが、戦後日本に残し置いた共産主義者や、隠れコリアンと大量な密入国者朝鮮人韓国人らの在日民族組織、及び、公職追放令で行われたところの、社会構造・産業構造をそれらに開放した赤化工作により存在する、岸信介・児玉与志夫と共に、A級戦犯から解放された正力松太郎の日本テレビ網株式会社以下、日本テレビ(株)・読売新聞(株)・朝日新聞(株)等々、情報機関は世界のメディアと同様に占領軍GHQを操って居たところの、ニューディラー派の策謀通りの展開でテロ・戦争が拡大する世界構造となって居ります。  

取敢えず日本国内の安全確保に、暴力革命の粗暴犯組織の在日社会の撲滅が喫緊の課題だと思います。偽装した中韓友好親善の偽善団体と仲良くとしましょう等と、偽人道・偽人権差別の日本解体工作に権力を悪用している国賊売国奴らの、徹底マークとチェックと糾弾は重要な事であります。




画像






https://youtu.be/3Cb3A27Mo8k?list=PLckn8YTGnZl_q47LoyW0xQXo4imhP12rS


https://youtu.be/8lSSt9ULEKg


https://youtu.be/0eN1pggWuOo






大量殺人事件が増えているのは何故か?単独犯を犯罪に追いやるのは何か?
© REUTERS/ Kyodo
2016年07月27日 20:58(アップデート 2016年07月27日 21:13)
51792170
http://jp.sputniknews.com/opinion/20160727/2563451.html
>>

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で殺傷事件が起こった。事件を起こしたのは同施設の元職員の植松聖容疑者。この事件では19人が死亡し、日本にとって21世紀最大規模の事件となった。
相模原殺傷 © REUTERS/ Issei Kato


相模原殺傷・前代未聞の凶行に障害者施設関係者も衝撃

植松容疑者は警察に出頭した。障害者への個人的な憎悪から犯行に及び、障害者を排除しようとしたとの旨を供述しているという。容疑者を無力の人々に対する犯罪へと追い立てたものは何なのか?実践心理学と精神分析研究所の課長を務めるロシア人心理学者のユーリー・オゼロフ氏が、考えられる犯罪要因について「スプートニク」に語った−

「人間はバイオ・サイコ・ソーシャル的な生き物です。これらのコンポーネントのいずれかがトラブルを起こし、精神状態に影響を与える可能性があります。今回の場合は、不安定だった容疑者の精神状態が薬物の使用によって悪化しました。これは医師たちによって確認されています。加えて環境も影響を与えました。このような施設で働く職員たちは『燃え尽き症候群』になることがよくあります。その時、よく怒りの矛先となるのが職場の同僚たちです。どの国でも職場で問題が起こった後、普通に見えた人たちが武装して職場を訪れ、職員に向かって発砲する事件が起きています。誰もがある種の攻撃性の源を持っていますが、問題はそれがどのように現れるかです。」

日本のマスコミによると、植松容疑者は障害者施設の職員に「障害者は死んだほうがいい」というようなことを話していたという。また共同通信は、容疑者が衆院議長の公邸を訪れて大島理森議長宛の支離滅裂な内容の手紙を渡したと報じた。手紙には、障害者を殺害する可能性が記されていたという。なぜこのようなことが起こったのか?当局の対応に問題はなかったのか?オゼロフ氏は次のような見解を示している−

「犯罪が起こる前にそれを文書に登録することはできません。すなわち警察が行動するのは常に事件が発生した後だということです。異常な行動を取る人物に対して何らかの手続きを取ろうとするは難しく、このような事件を阻止するためのメカニズムはありません。当局はこのような場合の対処法を知らないことがほとんどです。その結果、彼らは病院に行くように言葉で頼むことしかできません。社会のグローバル化が進む今、様々な国の大勢の人々が程度の差こそあれ抑圧を感じています。まだそれが眠っている状態の人もいれば、それが大きくなり始めて内面の緊張が高まりつつある人もいます。



プーチン大統領

© Sputnik/ Sergei Guneyev

障害者施設襲撃 プーチン大統領 安倍首相に哀悼の意を表す
そして周囲の人々へ攻撃するための土壌がつくられていくのです。ほとんどの場合、近しい人たちが攻撃の対象となります。そのためこのような攻撃性の爆発は職場あるいは家庭で起こります。あるいは、元職場です。自分の内側で攻撃性が高まった人たちは、自分にとって大切なもの、例えば仕事などを失った場合に表立って攻撃的な態度を見せるようになることがよくあります。そして彼らを抑えられるものがあまりなくなり、攻撃性が表面化してしまうのです。」

欧州はここ数ヶ月で文字通り暴力の波に巻き込まれた。それまで欧州の国々は安全だった。なお当局はこれを常にテロと関連付けているわけではない。それまで当局からいかなる疑いもかけられたことのない単独犯による犯行が増えている。オゼロフ氏はさらに次のように語っている−

「もちろん今日一般的な情報が人々の心理状態に影響を与えています。なぜならマスコミは恐ろしい事件を報じているからです。最近ではこれが欧州に大きく影響しました。もちろん不安定で病的な精神状態にはテレビやアブロイド紙も影響を与えます。これが良いことにつながることは決してありません。さらに現在の不安定な経済状況も影響を与えています。経済的なショックが大きい時にはいつも犯罪の発生率が高まります。なお人々が社会的に非常に緊張し、失業して自分にとって重要なステータスを失った時には組織犯罪のみならず個人レベルでの犯罪も増えます。これは精神的に弱い人や傷つきやすい人はもちろんのこと、精神的に強い人たちにさえも影響します。精神的に強い人たちは沸き起こるものを抑えますが、それでも内部では同じように緊張が高まっています。」

日本の当局は、植松容疑者の犯行を現代の悪であるテロと関連付けてはいない。また日本では2008年にも当時25歳だった加藤智大死刑囚が東京で人ごみにトラックで突っ込み、その後トラックから降りてナイフで通行人を襲うという事件が発生している。同事件では7人が死亡、10人が負傷した。加藤死刑囚は犯行の動機を「生活に疲れた」と供述した。精神鑑定の結果、加藤死刑囚には責任能力があるとされた。

これは恐ろしいことだ。なぜなら2016年、このように疲れた責任能力のある人たちがテロ事件を起こしているからだ。例えば最近では仏ニースで起こっている。アジアではテロが蔓延しつつあるのだろうか?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
河村発言を支持し、(略称:南京の真実国民運動)
「南京」の真実を究明する国民運動」>発足
★メールでご署名はここをクリック
★署名用紙のダウンロードはここをクリック[.PDF]
人気ブログランキングへ 

●日本のこころを大切にする党_‣‣_公式サイト
・夜のみおちゃんねる ・杉田水脈応援団(なでしこの会)

・・richardkoshimizu official website

【拡散用】Free Tibet!
尼僧も灯油を飲み、抗議のショッキングな焼身自殺 


・再生リスト

・防犯草莽号の実行動
・評価動画


全ての犯罪の第一歩と成り得る、在日朝鮮人社会主体の集団ウロツキ徘徊システムは、反日日本人らが手引きする敵国側分子らによるスパイ工作活動でもある。
忍び寄る生活上の危機を知る必要有りです。
対処出来ない地域は、既に反日利得者・セクトカルト・在日らによる、日本侵略システムと世間工作が完了済み!!

・諸悪の根源・パチンコ出玉換金システム三店方式の特殊景品を違法化は、待った無しの現況・・
・もう一つの危機管理_情報管理は人事管理に有り


080-1620-6857
chubusougou21@hotmail.com
世界的にテロが拡散される中、日本こそ、戦後三大騒乱暴動事件で実績ある在日組織の、日本人狩りに要注意・ 市民団体 草莽愛知実行委員会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる